on-the-time.jp

2018年11月30日

世界が、モバイル・マネー・クロス・ボーダー時代に突入した!

モバイル・マネー

Forbes JAPANは2018年11月30日に、モバイル決済の最先端に立つアフリカでは、ケニア発のモバイル決済「M-Pesa(エムペサ)」が、PayPal(ペイパル)やWestern Union(ウエスタンユニオン)と提携し、国際的な送金サービスを充実させようとしていると報告した。

さらに一方で、アフリカ最大の通信キャリアMTNもオレンジと組んで、新たなモバイル決済「Mowali」の立ち上げを宣言した。

アフリカはモバイル決済分野で、今からさらに最もホットな地域になろうとしている。

さらに世界が、モバイル・マネー・クロス・ボーダー時代に突入した!
そこに、ブロックチェーンをどう組み込むか!

【広告】 九州のお医者様の奥様が、偶然使われ、凄く良いので九州まで送って欲しいと言われ、早速対応させていただきました。 これはどこで買えるの?と聞かれてしまいました。お店は銀座三越4階「アトリエロングハウス」TEL: 03-3562-7012で購入いただけます。よろしくお願いします。

「M-Pesa」は東アフリカで2,850万人に利用されており、顧客らは世界200カ国のウエスタンユニオンの50万件のエージェントとの間で送金が可能になった。」

2007年に携帯電話会社のサファリコム(Safari.com)が立ち上げたM-Pesaは、ケニアから始まり東アフリカ全体を制覇。今では西アフリカでも勢力を広げている。ケニアで2300万人の利用者を抱える「M-Pesa」は、2018年の06月までの3カ月間で5億8100万件のトランザクションを処理し、一日あたりの取扱高はUS$1億6200万(約183億円)に達していた(ケニア通信局のデータ)。

世界銀行(Wprld Bank)によると、サブサハラ(サハラ砂漠より南)地域の成人のモバイル決済アカウントの所有率は、全体の約21%に達している。

この数値は2014年から2倍に伸びている。GSMアソシエーションによると、サブサハラ地域での携帯電話の契約件数は2020年までに5億件に達するという。伝統的な金融サービスにアクセスできない人々が多い、この地域でモバイル決済は非常に重要な役割を果たすことになる。

すでになっている。
さらに面白いのは、通信が通じていない砂漠のど真ん中では、携帯電話同士をケーブルでつなぎ決済をして、後で通信が通じるところで、決済処理をしている。

この発想は、アフリカだから可能にした。

「M-Pesa」は今年4月にPayPalとの連携を発表した。今後は2億5400万人に及ぶPayPalユーザーを相手に、「M-Pesa」の利用者がビジネスを行えるようになる。

「M-Pesa」は年間17億件のトランザクションを処理しており、決済額はケニアのGDPの50%以上となっている。

こんな大成功のモバイル決済は、世界中を見ても例がなく!
私は2008年から追いかけている。

「Virtual Matrix Time Machine」で、「M-Pesa」「Safari.com」「モバイル・マネー」などで検索すると、Googleでは検索できない専門項目が見つかる。

「M-Pesaは世界で最も貧しい地域に暮らす、数千万人の人々の暮らしに革命をもたらした」と、元サファリコムCEOで現在はボーダフォン(Vordafone)のモバイル決済部門長を務めめて、モバイル・マネーのゴッド・ファーザーと呼ばれているマイケル・ジョセフ(Michael Joseph)は述べた。

一方で、アフリカのモバイル決済分野では別の勢力も台頭している。M-Pesaの普及により、サービスを停止していたMTNの決済サービスMobile Moneyが、事業の再始動を発表した。Mobile Moneyは2012年に南アフリカで始動したが、2016年に同国でのサービスを停止していた。

ただし、Mobile Moneyは南アフリカ以外の諸国ではサービスを継続しており、今年6月時点で14カ国で2410万人のアクティブ・ユーザーを抱えている。

さらに、MTNはオレンジと合弁会社を立ち上げ、新規に「Mowali」という名のモバイル決済サービスを始動させるとアナウンスした。

これは、アフリカ各地に存在するモバイル決済を、相互に利用可能にする国境を超えたクロス・ボーダー・サービスである。

「MowaliはMTNのMobile Moneyと、オレンジのOrange Moneyを結びつけ、1億件以上のモバイル決済アカウントを連携させる。今後はその他の事業者との提携も進め、アフリカの3億3800万件のアカウントをつないでいく」と同社は宣言した。

ビル・ゲイツ(Bill Gates)が設立したビル&メリンダ・ゲイツ財団(the Bill & Melinda Gates Foundation)で、貧困層のための金融サービスを担当するKosta Pericは「金融サービスを全ての人に開かれたものにするための、最大の課題が、プラットフォームをまたいだ相互運用の仕組みの整備だ」と述べた。

「オレンジやMTNらの取り組みはアフリカの人々に、デジタル金融サービスへの参加機会を与える。新たなイノベーションが貧困を解決し、経済成長を牽引していこうとしている」とPericは続けた。

2018-11-06---ケニアのSafaricom、Western Unionとの取引を拡大!
2018-08-15---銀行口座を持たない10億人の農民と、アフリカ金融革命。
2018-08-14---WorldRemit、Safaricomの支払いを円滑にする。
2018-06-20---ガーナ、モバイル・マネー相互運用プラットフォームの早期成功。
2018-05-30---ウガンダはモバイル・マネー税を再開するために熱くなっている。
2017-10-05---国連は、モバイル支払い成長の弾道を強調!
2017-04-12---ボーダフォン幹部マイケル・ジョセフは、MFS Africa役員に参加。
2017-03-08---モバイル・マネーのゴッド・ファーザーは、Safaricomの分割提案を拒否。
2017-03-07---ケニアの大臣は、Safaricomとm-Pesaの分割に対して警告。
2017-02-22---Safaricomは、ビジネスの解体で呼び出された。
2017-02-21---m-Pesa、年間60億トランザクション処理を達成!
2017-02-21---ケニアの銀行は、m-Pesa独占に挑むために協力する。
2017-01-25---m-Pesaはケニアの市場を支配し続ける。
2016-12-13---Safaricomは、m-Pesaをさらに拡張。
2016-11-25---SafaricomのCTOは、IoTとm-支払いを結合するパワーを押す。
2016-09-19---ボーダフォン・インドのm-Pesaは、年金支払い計画を開始した。
2016-05-12---ケニアのSafaricomのために、m-Pesaは収益で上昇。
2016-05-09---モバイル・マネーで、最も懸念された1つが南アフリカで起こった!
2016-05-04---最古参ボーダフォンのm-Pesaは、更に拡大中!
2016-03-16---南アフリカのVodacomは、m-Pesaレビューで予想外の低さを暴露!
2015-12-10---ルーマニアで、AzimoとWorldRemitがm-Pesaでモバイル国際送金と受け取りを実現。
2015-12-07---ボーダフォンはm-Pesaをガーナで開始する。
2015-11-05---m-Pesaは、ユーザー会員数が急増!
2015-09-29---ケニアは、m-Pesaを経由した国債を提供する。
2015-07-23---南アフリカのVodacomは、m-Pesaユーザーが780万と報告。
2015-06-23---アフリカの2Pモバイル・マネーは、3年で2倍の収益。
2015-06-19---m-Pesa PayBillへ、世界初の国際的アクセスとして、SimbaPayスタート!
2015-06-11---最初にm-Pesaにリンクされた送金サービス会社SimbaPay。
2015-05-19---ボーダフォンはインドで、モバイル・マネーでたった2000万人に貢献。
2015-05-18---南アフリカのVodacomのm-Pesaは家庭に達していない。
2015-05-08---Apple PayやGoogle Walletが古くさく感じる。
2015-05-06---Safaricomは、モバイル・マネー、データ・サービスを高度化!
2015-04-23---ケニアのSafaricomは、信頼性を高めるために、m-Pesaのサーバーを移転。
2015-04-20---ボーダフォンとMTNは、モバイル・マネー・プラットフォームを相互接続。
2015-03-09---m-Pesaは初めて国境を越えて行く。
2015-02-26---Millicomは、アフリカで最初の一般的なマネー・サービスを要求。
2015-02-18---WorldRemitは、オペレータとパートナーシップ拡張でUS$1億を使用。
2015-02-04---Vodacomは、節約と貸付金でm-Pesaに与える。
2014-12-05---ケニアで、サイバー犯罪網を組織していた中国人77人逮捕。
2014-12-01---南アフリカのVodacomは、価値チェーン上でm-Pesaを取る。
2014-09-26---南アのVodacomは、2017年までにモバイル・マネー倍増を計画。
2014-08-04---南アフリカのVodacomチームは、Bidvest, Visaと共に、m-Pesaの2回目の挑戦。
2014-07-28---南アフリカのVodacomはm-Pesaのために再着手を促進。
2014-07-22---Safaricomに対し、ケニアのAirtelが釘を刺した。
2014-07-16---ケニアのSafaricomは、モバイル・マネーで独立性支配を止めた。
2014-05-22---タンザニアはモバイル・マネーのスター。
2014-06-24---WorldRemitは別の相互運用取り引きを締結。
2014-06-08---ケニア政府は、Safaricomに与えられたUS$1億7000万の契約を保留。
2014-06-04---携帯電話事業者は、アフリカでモバイル・マネー相互運用性協定に署名。
2014-06-03---Tigoタンザニアの顧客の半分以上は、モバイル・マネー・サービスを利用。
2014-05-22---タンザニアはモバイル・マネーのスター。
2014-05-06---Safaricomは、m-Pesaの瞬間(instantaneous)振替を実現。
2014-05-05---Safaricomはモバイル・バンキング高速サービスを促進。
2014-04-30---Bharti、アフリカでAirtelマネーが急上昇。
2014-04-22---ケニアの銀行は、NFCを組み込んだスマートフォンの利用を可能にした。
2014-04-15---ケニアは、3つのMVNOの許可により、モバイル・マネーをシェークした。
2014-04-11---口座名義人に金融サービスを提供するために、Equity Bankは携帯電話銀行業務に参入。
2014-03-31---ボーダフォンはいよいよ、m-Pesaをヨーロッパで展開。
2014-03-12---ケニアのAirtelとSafaircomのモバイル・マネー抗争。
2014-02-16---Safaricomは、モバイル・マネー代理人に、ライバルのサービスを禁止。
2014-01-29---Safaricom、マイクロ融資業務で、ブラックリストを始めた。
2014-01-03---ボーダフォンは、タータ・テレサービス買収を熟考中。
2013-10-02---Bharti、モバイル・マネーで、アフリカのエコバンクと提携。
2013-07-31---Airtelはケニア、ナイジェリアで銀行取り引きを締結。
2013-07-09---ケニアの会社Kipochiは、送金のBitcoinとm-Pesaをリンクさせる。
2013-07-02---ケニアのジャンボ・テック!ハロー、テック!in スワヒリ
2013-06-24---ケニアのSafaricomは、モバイル・マネーを会社ターゲットにプッシュ!
2013-05-23---ケニアで、賃金をモバイル・アカウントに直接支払う実験を実施。
2013-05-20---アフリカのタンザニアでm-Pesa急上昇。
2013-05-02---Googleはケニアで、ペイメント市場に参入!?
2013-04-21---ケニアのモバイル・マネー預金、ケニア最大の銀行を追い抜いた。
2013-04-17---モバイル・マネー・サービスm-Pesa、インドに上陸。
2013-03-26---ケニアのSafaricomは、携帯電話の電話帳バックアップ・サービスを開始!
2013-03-12---モバイル・マネーは、貧困にタックルするテクノロジー・ゲーム・チェンジャー。
2013-02-20---Vodacomはタンザニアで携帯電話用太陽充電器を発売。
2013-02-19---Safaricomはモバイル・マネー・エージェンシーに信用貸しを提示。
2013-02-15---ケニアは、モバイル・マネー取引税を改造。
2013-02-03---Safaricomは、政府税により、一部サービス料金を上げた。
2013-01-18---ナイジェリアは、携帯電話事業者にモバイル・マネーを認可しない。
2013-01-01---インドは、貧弱な人のために、送金計画を伸ばす。
2012-12-12---Safaricomは、少額貸し出しサービスのアイディアで非難されている。
2012-11-27---m-Pesaは、小口金融M-Shwariの提示を始めた!
2012-11-08---ボーダフォンはインドでm-Pesaモバイル・バンキング・サービスを開始。
2012-10-29---週末、Safaricomのm-Pesaがアクセス不能になった!
2012-10-23---m-Pesaで、より多くの国際通貨トランスファー・ルートをオープン。
2012-10-11---技術ブームはどれだけ、ケニアを変革できるか。
2012-07-29---Vodacom Tanzaniaは、高い無線周波帯域を米国ドルで請求を非難!
2012-04-16---国内モバイル・マネー・トランスファーは、2016年までに3億6,000万件。
2012-03-19---ケニアのテクノロジー成長を基礎にした「シリコン・サヴァナ(Silicon Savannah)」計画。
2012-03-01---ケニアのSafaricomは、小口モバイル・バンキング取引費値下げ!
2011-12-22---ケニアのSafaricomは、M-PESAの断続的な遅れを謝罪した。
2011-12-12---アフガニスタンで、モバイル・マネー・テストを開始!
2011-05-16---南アフリカのVodacomは、年間利益で跳ね上がった!
2011-02-23---Safaricomの元最高経営責任者、世界銀行にアドバイス!
2011-01-01---2011年は、世界でお金が変わります!
2010-12-06---現在、もっとも興味深いモバイル・マネー!
2010-12-03---ウエスタンユニオンの振替が、Zoompassモバイル財布で利用可能!
2010-11-24---インドでのモバイル・マネー振替候補の銀行間体系セットを完成。
2010-11-22---ケニアは、モバイル財布「M-ペサ」を世界中に教えている!
2010-11-15---ゲイツ財団はグローバル・セービング・フォーラムを召集。
2010-10-24---Safaricomは、M-PESAをスーパーマーケット拡大。
2010-09-29---ケニアの「M-ペサ」で、毎日300万件の取引をしていた!
2010-09-23---ケニアのSafaricomはUS$2億7000万の予算でアップグレードを計画!
2010-07-27---ケニアはSIMカード登録締切を遅らせるかもしれない。
2010-06-24---ケニアのTelkom Kenyaが3Gライセンスを獲得する。
2010-06-16---Safaricomは、ケニアのモバイル・マネーを銀行に拡大。
2010-06-09---大地震で崩壊したハイチ経済の建て直しにモバイル・マネーを採用!
2010-05-26---ケニアの携帯電話会社Safaricom、年収で44%上昇。
2010-05-11---南アフリカのVodacom、超低価格ラップトップを販売開始。
2010-04-22---新しいプリペイド携帯電話の戦い!
2010-03-30---Vodacomが南アフリカで電子マネー「Mペサ(M-PESA)」を開始。
2009-06-15---貧乏人から金を巻き上げる方法は、貧乏人に携帯電話を与えること。
2008-07-09---そして次に注目のアフリカは、モバイル・インターネットで爆発!
2008-06-09---ケニアのサファリコムが、公募でデビューした。

【広告】 シャワーのときに、石けんで洗う必要がない。チェビー・チェイスの女性のための消化剤センターの創立者ロビーネ・チュツカン医学博士は、毎日シャワーと石けんで汚れをこすり落とすことによって、私達は、良いバクテリアを皮膚からはいでいるといっている。汗まみれの運動の後でさえ、「gaYa-3」でオイル・パックをして、洗い流すことによって、水では落ちない泥や垢などの汚れを清潔にできます。

【広告】 研究を行ったイギリスのチームによると、眉の可動性が非常に高いことは、言葉を使わない意思疎通能力を人間にもたらしたとされる。 この能力は大規模な社会的ネットワークの構築に不可欠であり、こうした社会を築くことで、人間は協力関係を拡大し、生存確率を高めることができたのだという。 「眉の動きが制限されるボトックス(botox/しわ取り注射)療法を受けた人は、感情を強調したり、他者の感情に共感したりする能力が低下するということが示されている。」と説明した。 そういえば。最近多くの女優や歌手がボトックス療法を受け、顔が固まったようになっている。 しわは石鹸などで洗いすぎ、皮下脂肪を流し落としたことで深くなる。 毎日、石鹸で顔を洗う人は、しわが深くなる。 顔を石鹸ではなく、例えば「gaYa-3」で汚れを浮かして洗い落とせば、しわはそれほど増えない。 顔の表現で、感情を強調したり、他者の感情に共感したりする能力が低下すると女優としての能力が低下し、成り立たなくなる。