2018-11-29

ナマハゲなどの「来訪神」が、ユネスコの無形遺産に決定!

宗教教育観光

日本経済新聞 電子版、毎日新聞は2018年11月29日に、国連の文化的機関ユネスコ(UNESCO/United Nations Educational, Scientific and Cultural Organization/国際連合教育科学文化機関)は2018年11月29日にインド洋のモーリシャス(Mauritius)で政府間委員会を開き、日本政府が申請した「来訪神(Raihosin) 仮面・仮装の神々」を無形文化遺産に登録することを決めたと報告した。

「来訪神」は「男鹿のナマハゲ」(秋田県男鹿市)など8県10件の行事で構成される。

吉浜のスネカ - 岩手県大船渡市
米川の水かぶり - 宮城県登米市
男鹿のナマハゲ - 秋田県男鹿市
遊佐の小正月行事 - 山形県飽海郡遊佐町
能登のアマメハギ - 石川県輪島市・鳳珠郡能登町
見島のカセドリ - 佐賀県佐賀市
甑島のトシドン - 鹿児島県薩摩川内市(下甑島)
薩摩硫黄島のメンドン - 鹿児島県鹿児島郡三島村(薩摩硫黄島)
悪石島のボゼ - 鹿児島県鹿児島郡十島村(悪石島)
宮古島のパーントゥ - 沖縄県宮古島市(宮古島)

無形文化遺産の登録は2016年の「山・鉾・屋台行事」以来となる。

政府間委員会では、「来訪神」について「子どもたちに道徳や行儀を教え、家族の絆を強め、地域の伝統への敬意を増進させる重要な役割を果たしている。」と高く評価した。

「来訪神」は、大みそかや正月などに仮面をかぶるなどして異形の神に仮装した者が集落や家を訪れて怠け者を戒め、人々に幸福をもたらすとされる行事の全般を指す。ナマハゲやトシドンの他、石川県の「能登のアマメハギ」など、東北地方から沖縄まで8県の10件で構成される。

10件はいずれも国の重要無形民俗文化財に指定されている。

各地域で伝承され、住民の結びつきを深めてきたとして、政府がユネスコに登録を申請した。

登録の可否を事前審査するユネスコの補助機関が2018年10月、「地域文化の多様性を示している」などとして登録するよう勧告していた。

行事のうち、鹿児島県薩摩川内市の「甑島のトシドン」は2009年に登録された。
政府は続いて「男鹿のナマハゲ」の登録を目指したが、トシドンと類似しているために、2011年の政府間委員会で見送りが決定した。

このため政府は複数の行事をまとめて一つの遺産とする方法に切り替えた。

「来訪神」はトシドンの「拡張」として扱われるため、日本の登録総数は21件で変わらない。政府間委員会最終日の2018年12月01日、遺産リストに記載される。

無形文化遺産は2008年に初めて「能楽」「人形浄瑠璃文楽」「歌舞伎」の3件が登録された。
2013年に「和食 日本人の伝統的な食文化」。
2014年に「和紙 日本の手漉(てすき)和紙技術」など、2014年まで7年連続で登録されたが、2015年と2017年はなかった。

各国からの申請がユネスコの審査件数の上限を超え、中国に次いで登録件数が多い日本の案件については審査のペースが抑えられていた。

「来訪神」として申請したのは2016年03月。

通常は翌年の11月ごろに審査されるが1年の先送りが決まり、政府は2017年03月に再提案した。

日本の案件が次に審査されるのは2020年。宮大工などが継承する「伝統建築工匠の技 木造建造物を受け継ぐための伝統技術」が登録を目指すことになっている。

しかし、サン・セバスチャン・ミュンスター(San Sebastian Münster/1489 - 1552)の「コスモロギー(Cosmology)」が出版された頃であれば、日本は妖怪や化け物の住む島になっていたことだろう。

「コスモロギー」の初版は、ほとんど耳学問で知った世界が紹介され、妖怪や化け物、怪獣などが紹介されているが、版を重ねるたびに、修正され、それを調べるだけで、多くの博士が排出された。
また、サン・セバスチャン・ミュンスターの「コスモロギー」は、大ベストセラーになり、そして、大切な世界旅行ガイドになった。

JOURNAL ARTICLE
Sebastian Muenster (1489-1552): A Sixteenth-Century Ethnographer

Margaret T. Hodgen
Osiris
Vol. 11 (1954), pp. 504-529