2018-11-28

台湾の合世生医の血圧計製造を中国からベトナムに移転。

健康経済キャラバン資本主義ビジネス

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年11月28日に、電子血圧計大手の合世生医科技(合世生醫科技股份有限公司/Health & Life/ヘルス&ライフ)の李淑芬副総経理は業績説明会で、米中貿易戦争を受けて400万台湾元(約1,500万円)を投じ、ベトナムに工場を建設する計画を進めていると明らかにしたと報告しt。

[AD] You can advertise on this site.

台湾の経済新聞「鉅亨網」は、2019年第3四半期(7~9月)の生産開始を見込むとが伝えた。

李副総経理によると、合世生医科技は米国向けの主要製品を中国江蘇省蘇州市の工場で生産しているが、米中貿易戦争の影響を考慮して、ベトナムに工場を建設し蘇州工場の生産能力を移転することを決定した。

まず米国からの受注生産分を、2019年中に台湾の試験生産分をそれぞれ移転する計画。

李副総経理は、ベトナムを選んだ理由について「台湾への回帰投資も検討したが、台湾では生産許可を得るまでに少なくとも3カ月かかることや、賃金の安さを考慮してベトナムに決定した」と説明した。

合世生医の国・地域別の売上高は、米国が最も多く約47%。ほか中南米が約12%、中国が約10%となっている

[AD] You can advertise on this site.

[AD] You can advertise on this site.

AD SPACE