2018-11-26

「Go-Jek」、出前サービス「Goo Food」の顧客数が2割増。

食品

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年11月27日に、インドネシアの配車アプリ大手「Go-Jek(ゴジェック)」は、出前サービス「Good Food(ゴーフード)」の顧客数が過去2カ月間で20%以上増加したと明らかにしたと報告した。

インドネシア語の経済紙「コンタン(Kontan/電子版)」は2018年11月26日に、2018年10月から実施中のキャンペーンなどが奏功したと伝えた。

「Goezek」のマイケル・レザ・サイ(Michael Reza Say)副社長によると、注文は食品が60%、飲料が30%増加した。「Good Food」は、「Go-Jek」の運転手が飲食店や小売店で顧客の注文した飲食品を購入、届けるシステム。

「Goezek」は11月5日~12月5日まで、「Good Food」の利用料金を最大40%引きするなど10月からキャンペーンを実施。マイケル副社長は「需要を創出することで、運転手にとっての持続可能な収入源をつくり出したい」と述べた。