2018-11-26

中国深圳市のBYD、エクアドルでEVバス20台受注。

EVエクアドル中国

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年11月26日に、中国の深圳市に本拠を構える中国エコカーのNEV(Neighborhood Electric Vehicle/新エネルギー車)最大手比亜迪(比亚迪/BYD)は、エクアドル最大の都市グアヤキル(Santiago de Guayaquil)から電気バス(EVバス)20台を受注したと発表した。受注額はUS$770万(約8億6,900万円)に上る。

今回受注した電気バスは80人乗りで、全長は12m、最大航続距離は350kmとなる。空調やWi-Fiシステムも搭載している。路線バス車両として利用される予定で、2019年03月に現地の路線バス運営会社に納車する運びとなっている。

BYDは2017年11月から2018年03月にかけてグアヤキルでEVバスの試験運用を実施。1日平均250kmを走行し、7万2,000人超の乗客を運んだ。

アンケート調査の結果によると、市民の85%がEVバスの導入に賛成したという。

2018-08-07---深圳BYDの新車販売、2018年07月は前月比0.7%減。
2013-06-18---中国の比亜迪製電気自動車、充電中にバッテリーが爆発!
2012-04-10---「iPhone5」発売予測でBYD株急騰!
2012-03-27---中国自動車メーカーBYDで、利益45%減 リストラ2万人!