2018-11-22

日野ベトナム、ドライバー向けの講習会実施。

ロジスティクス

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年11月23日に、日野モータース・ベトナム(Hino Motors Vietnam)は2018年11月22日に、ホーチミン市(Ho Chi Minh City)でドライバー向けに安全・省燃費運転に関する講習会(Seminar on safety and fuel-saving driving)を実施したと報告した。

日野のトラックを運転する個人事業主や運送会社の社員など26人が各種の講習やワークショップに参加した。

日野ベトナムは今年、ホーチミン市や南部ビンズオン省(Binh Duong Province)、同カントー市(Can Tho City)の顧客を対象に同内容の講習会を実施した。
2018年12月にはハノイでも開催予定という。
ホーチミン市の講習会は2018年11月23日にも開催された。

これらの講習会はディーラーを通じて参加者を募集したが、運送会社など顧客の要望に応じて各種の講習会を開催することもあるという。

講習会では、安全運転のほか燃費の無駄を防ぐ運転方法、点検について講習と実技を通して理解を深めることを目的としている。

まず日野ベトナムの小型トラック「300」シリーズと中型トラック「500」シリーズを使用し、ドライバーが講師と同乗して3kmほど運転する。講師はドライバーの運転のクセを確認し、エンジンコンピューターから燃費のデータを記録する。

日野ベトナムのエグゼクティブ・サービスアドバイザー前田正実(Executive and Service Adviser Masami Maeda)によると、「ベトナム人の運転手は、停止線の前からギアをニュートラルにして走行することが多い。」と指摘する。この運転方法だと燃料の節約ができず、車両の総重量が大きいトラックになると停止コントロールが難しくなり危険運転につながる。

ニュートラルにして走行するとガソリンが減らないと考えているのかもしれない。

講習会では、各種のトレーニングを経て、こうしたクセを修正していく。講習の最後には運転指導をし、同じコースを走行した際に受講前と比較してどの程度変化があったかをデータで提示する。講習後に燃費が40%以上改善するドライバーもいるという。

日本の場合は島国だから、海外から直接乗り込むことは少ないが、中国など、複数の国境でつながっている国々は、外国で取得した免許証で乗り回すので統一感がないと危険である。

多くの国で炉端に放置された大破したトラックを見てきたが、恐ろしくなった。