2018-11-22

メルセデスのEV「EQA」をタイで初披露。

EVタイ

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年11月23日に、ドイツ系の高級車メーカーのメルセデス・ベンツ/タイランド(Mercedes-Benz/Thailand)は2018年11月22日に、バンコクでEV(Electric Vehicle/電気自動車)ブランド「EQ」を紹介する展示会を開催し、コンパクトEV「EQA」のコンセプトカーをタイで初披露したと報告した。

EQAは1回の充電での航続距離が400km。容量60キロワット時(kWh)のリチウムイオンバッテリーを搭載し、5秒間で時速100キロメートルに加速できる。同社のローランド・セバスチャン・フォルガー(Roland Sebastian Folger)社長兼最高経営責任者(CEO)は、EQAのタイでの発売時期については明らかにしなかったが、「2022年までにベンツブランドでは各モデルに少なくとも1種類のEVを提供する。50種類以上のEVの投入を計画している」と述べた。

メルセデス・ベンツ/タイランドは2019年にもタイでリチウムイオンバッテリーの製造を開始する。

国内向けと輸出用になる。
メルセデスのバッテリーの生産拠点はタイのほか、ドイツ、米国、中国に置き、総投資額はUS$11億8,000万(約1,330億円)になるという。またタイ国内では当面EVの充電スタンドの設置箇所を200カ所に増やす方針と伝えている。


ついに、メルセデスまでが、EVの時代になった。
ロールスロイスはどうする?

ミニのロールスロイス?できるわけがない。

ビートたけし専用電動ロールスロイス?

もうすぐ、すべてのガソリン車はクラシックカーになる。

そして、ガソリンが買えなくなる。

近くに車庫で眠っていた黄色いフェラーリは、家の建て替えで廃車になった。

もう直ぐ、ロールスロイス?やブガティガが、廃車になる時代が来る。