2018-11-22

デートをしない大学生。デートができない大学生。

性とメディア

毎日新聞は2018年11月22日に、日本性教育協会(The Japanese Association for Sex Education)が2017年に実施した全国調査「第8回青少年の性行動全国調査」で、デートを経験した大学生の割合は男子71.8%、女子69.3%と過去40年超で最低の結果が出たと報告した。

全国の中高大学生計約1万3000人を対象に実施し、キスや性交経験も2005年をピークに減少傾向が続いた。

性に消極的な若者の「草食化」が進んでいる。

日本性教育協会が1974年以降、約6年に1度調査している。

8回目となる今回は2017年06~12月、札幌市や京都市など43市区町村で中学生4,449人、高校生4,282人、大学生4,194人を対象に本人が記入する方式で実施したと伝えている。