2018-11-22

山口の日立製作所の事業所、外国人技能実習生99人解雇。

経済山口フィリピン

毎日新聞は2018年11月22日に、政府は外国人を認める方向に向かっているが、現実は山口県下松市の日立製作所笠戸事業所で、フィリピン人技能実習生が実習期間を残し、相次ぎ解雇されていると報告した。

日立の実習計画が認可されず、在留資格がなくなったことが理由。

元実習生は関係機関の柔軟な対応がないまま帰国に追い込まれており、現行制度を問題視する声が上がっている。

これまでに解雇されたのは99人。

2018年11月18日には滞在期限が19日に迫った20人がフィリピンに戻った。

下松市の寮から福岡空港にバスで出発。空港には支援者が駆け付け「お元気で」と声を掛け合い、飛行機に乗り込んだ。

現状では他の人も、それぞれの期限までにフィリピンに戻ることになる。

これでは、どれだけ政府が支援をしても、敵を作るだけである。

JICA(Japan International Cooperation Agency/国際協力機構)と日立製作所は、手を拱いているだけなのか?

こんなデタラメなJICAなど、潰してしまえ!

山口県下松市の日立製作所笠戸事業所の緯度、経度
33°59'49.9"N 131°52'26.0"E
または、
33.997192, 131.873897