2018-11-09

カンボジアで商業省が、経済特区(SEZ)の原産地証明書発行。

経済犯罪と裁判

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年11月12日に、カンボジアの新聞「クメール・タイムズ(Khmer Times/電子版)」は2018年11月09日に、カンボジア商業省(Ministry of Commerce, Cambodia)は、とくに農産物輸出で必要となる貿易取引される輸出品や輸入品の国籍を証明する原産地証明書(Certificate of origin)をSEZ(Special Economic Zone/経済特区)で発行する取り組みを強化する。

既に発行が始まっているSEZもあり、手続き期間は現状の最大2週間から16時間に短縮される。

商業省の担当者によると、南西部コッコン(Koh Kong)州と南部シアヌークビル(Sihanoukville)州のSEZで同省職員や入居企業を交えた研修を実施している。ベトナムと国境を接する南東部スバイリエン州バベット(Svay Rieng State Bavet)のSEZでは、既に証明書の発行が始まっている。

商業省は現在、タイと国境を接するパイリン()、バッタンバン(Battambang)、バンテイメンチェイ(Banteay Meanchey)、ウドンメンチェイ(Oddar Meanchey)の4州、ラオスとベトナムに隣接するラタナキリ(Ratanakkiri)州、ベトナムに隣接する東部トボンクムン(Tboung Khmum)州の各政府に、原産地証明書の発行権限を認めている。