2018年11月11日

エジプトで猫のミイラ動物像「sarcophagi」が発見された。

超過去

ArtDailyは2018年11月11日に、考古学関係者らは、エジプト首都の南にあるサッカラ(Saqqara)のピラミッド・コンプレックスの敷地で、6000年以上にわたる7つのサルコファギ(sarcophagi)が発見されたと発表したと報告した。

エジプトの考古学大臣カーレデ・エル-エナニー(Khaled el-Enany)は、この発見が、2018年04月に始まった発掘作業中にエジプトの考古学ミッションとして行われた発掘であったと語った。

【広告】 肌がガサガサになってきて、しわくちゃになってきて、このまま死んでいくのかと思ったら、何もする気が無くなっていたとき、友達が、笑いながら、「gaYa-3」をくれたのです。老眼鏡で説明書を読んで、試しに全身パックをしてみたんです。1週間続けたら、太っていないのにツルツルで、ぷよんぷよんになってしまいました。そうしたら気分まで明るくなって、来年は世界一周を計画しています。と、ご連絡いただきました。皆様が、お幸せになっていただけることが喜びです。ありがとうございます。

遺跡で発見された4つの他の石棺のうちの1つが王宮の建物の監督であるクフー・イマット(Khufu-Imhat)のためのものであった。他の、3つ墓は猫のために使用されていた、と彼は言った。

エジプト古代美術評議会の最高責任者であるモスタファ・ワジリ(Mostafa Waziri, head of Egypt's Supreme Council of Antiquities)は、この使節団はまた、この地域で見つかった最初のスカラブのミイラ(first mummies of scarabs)を発掘したと語った。

それらのミイラは、四角い石灰石の石棺の中に2つ見つかっていた。

多くの猫のミイラも木製の金メッキの100匹の猫の像と猫の女神バステット(cat goddess Bastet)に捧げられた1個のブロンズと共に発掘されました。

猫は古代エジプトで特別な場所を持ち、宗教的な供物としてミイラになった。

また、サッカラ遺跡では、ライオン、牛、鷹の木彫りの彫刻が展示された。

古代遺物部門は、木製の石棺の中にコブラのミイラがあるものも、ワニの木製の2つの石棺とともに発見されたと語った。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。