gaYa広告

2018年11月07日

インドネシアで4万年以上前の「世界最古」の動物壁画を発見!

超過去インドネシア

毎日新聞2018年11月08日に、インドネシアのカリマンタン島東部の洞窟に残る野生の牛とみられる動物などを描いた壁画は4万年以上前のものとする調査結果を、同国やオーストラリア・グリフィス大の研究チームがイギリスの科学誌ネイチャー(Nature)電子版で2018年11月07日水曜日に発表した。チームは「動物などを描いた具象画としては世界最古」としていると報告した。

Palaeolithic cave art in Borneo
M. Aubert,
P. Setiawan,
A. A. Oktaviana,
A. Brumm,
P. H. Sulistyarto,
E. W. Saptomo,
B. Istiawan,
T. A. Ma’rifat,
V. N. Wahyuono,
F. T. Atmoko,
J.-X. Zhao,
J. Huntley,
P. S. C. Taçon,
D. L. Howard & H. E. A. Brand
Nature (2018) | Download Citation

【広告】 美智子妃殿下のお付きの美年子様より電話があり、「gaYa-3」をイスラエルの方からいただき、長年悩んでいた胸にあったかぶれに塗ったら、3日ほどでつるつるになったので、探していたとご連絡をいただきました。こんなに身近にあったので驚いて、同時に興奮気味でした。美年子様より再度電話があり、イスラエルの方からではなく、中曽根様の奥様だったと修正連絡がありました。ありがとうございます。

チームは今回の壁画を、現生人類が欧州で残した最も古い洞窟の壁画とほぼ同時期とみている。単純な絵ではなく具体的な描き方をしていると強調している。

洞窟の絵などは欧州が中心となって発展したと考えられてきたが、チームは「遠く離れた欧州とインドネシアで、ほぼ同時期に生まれた」とみている。

ArtDailyは2018年11月08日に、「Old Master? Cave paintings from 40,000 years ago are world's earliest figurative art(オールドマスター? 4万年前の洞窟絵画は世界で最も初期の比喩的な芸術。)」を公開した。

インドネシアの洞穴にある動物の絵は、少なくとも40,000年前のもので、世界で最も古くからの造形芸術の作品と伝えている。

ボルネオで発見された絵はおそらく野生の牛のネイティブタイプを描いており、数十年前に遠隔地で発見された何千もの芸術作品の中にあった。

しかし、今回ウランシリーズ分析(uranium series analysis)と呼ばれる技術を使用して、研究者は最終的に塗装された時代を解明した。

この発見は、洞窟の絵画が、ヨーロッパでのみ出現したとの考えを覆す証拠が増えることにつながった。

研究員マキシム・オウバート(Maxime Aubert)は、「アジアとヨーロッパで比喩的な芸術が同時に発展し、進化したとを見ることができる」とAFPに語った。

私が師事した東京大学ドイツ哲学卒の勝見 勝はよく、同時期に多地点で同じような現象が起こり得るので、ヨーロッパの立証論法では解明できないこともあると言って、無理してエジプトとメキシコのピラミッドの因果関係を証明すべきではないと言っていた。

研究者は2014年にインドネシアのスラウェシ島(Indonesian island of Sulawesi)で3万5千年前の造形芸術を発表したが、オウベルト(Aubert)のチームが、ボルネオ近くの調査した絵画は少なくとも5,000年前に制作された。

オーストラリアのグリフィス大学准教授オーベルト(Aubert, an associate professor at Australia's Griffith University)はチームと協力し、ボルネオ島の東カリマンタン(East Kalimantan)地域にある遠隔地の洞窟にある絵画の日付の調査を行った。

この研究チームは、2018年11月07日水曜日の科学誌ネイチャー(Nature)電子版に掲載された研究で、互いに重ね合わされた複数のアートワークのレイヤーを検討した。

最下位層と最古の層には、動物の絵画、主に地元の牛の種類、手のステンシルが赤い色で描かれていた。

それらの作品は、パターンでグループ分けされ、線とドットで装飾された桑の色の手のステンシルと同じ色の小さなスティックのような人物が見つかった。

最後の層には、人、ボート、幾何学的なデザインを特徴とした。

オーベルトと彼のチームは、ウラン系列の年代測定法(uranium series dating, which involves analysing layers of the mineral calcite)と呼ばれる手法を採用した。これは、長年に渡って絵画の上に形成された鉱物方解石の層と、この技術の下の材料を分析することを含んでいる。

彼らは、作品から1cm(0.5インチ)未満のサンプルを取り除き、少なくとも4万年前、おそらく5万2,000年前に動物の絵が描かれていることを発見した。

「われわれの知る限りでは、大きな動物の絵は世界で最も古い造形のロックアート画像です。」とチームの研究は述べています。

この絵は、実際には、あらゆる種類の動物の中で最も初期に知られた表現の1つ、ドイツで発見された巨大な象牙の人形と同時期に起源を持つ。

何年もの間、洞窟芸術は、スペイン、イタリア、フランスで有名な作品が発見され、ヨーロッパから出てきたと考えられていた。

しかし、インドネシアの絵画はその理論に挑戦している。

グリフィス大学が発表したプレスリリースによると、「この氷河世界の反対側にある、ヨーロッパとインドネシアでは、旧石器時代のユーラシアの隅々で似たような時期に、2つの早期の洞窟芸術が現れたようだ」と、解説している。

アートワークの2番目のレイヤーは、およそ2万年前のものであり、時代のアートワークにおける興味深い進化を示唆している。

「約2万年前、絵画は動物界ではなく、人間の世界になっています。同じ時期にヨーロッパでも同じことが見られます。」とオーベルトはAFPに語った。

彼は、インドネシアの他の作品やオーストラリアの作品についてのさらなるテストを計画しており、絵を調べるときに過去の個人的なつながりを感じていると語った。

「これは驚くべきことです。これは過去の親密な窓です。」と、オーベルトは言った。

【広告】 夏季後の汗によるかぶれ、肌荒れ、発疹が急増していることが放送されました。周囲の方に聴いたところ、ほとんどの人が悩んでいました。「ガヤ-3(gaYa no3)」を試していただいたら、調子が良いと言うことでした。 無料プレゼントの結果、多くの方に驚くほど感謝されました。ありがとうございました。秋になっても、これほど多くの方が、まだ悩んでいたことにも驚きました。

【広告】 乾燥肌にご注意ください。慢性化することがあるそうです。全身ボディパック「gaYa-3」をお試しください。