on-the-time.jp

2018-11-06

まだ続く成田空港反対派の活動、「一坪共有地」名義を法人化。

戦争と平和

毎日新聞は2018年11月06日に、成田空港の建設に今も反対して空港用地内などに一坪共有地を持ち合っている市民グループが2018年10月末、一般社団法人の設立を法務局に申請した。

共有者の高齢化による相続問題や反対運動の退潮があり、全国に散らばる共有者約850人に協力を求め、土地の名義を法人にまとめ、NAA(Narita International Airport Corporation/成田国際空港会社)による土地買収に対抗することが目的という。

[AD] You can advertise on this site.

共有地を保有する市民グループ「大地共有委員会」によると、設立準備が進むのは一般社団法人「三里塚大地共有運動の会」で、対象の共有地は空港敷地内外に3カ所ある。

中でも、誘導路と駐機場に囲まれた通称「木の根ペンションの庭」は1983年以来、NAAの前身の新東京国際空港公団の買収を妨害して空港建設を遅らせるため、三里塚・芝山連合空港反対同盟旧熱田派を支援する同グループが土地名義を1000分の1ずつに分割して共有。横風用滑走路建設を阻んだ。

公団側も共有者に売却を呼びかける手紙を再三送って反対運動を引退した人から買収を続けたが、現状で敷地の18・12%しか確保できず、空港内の道路と2002年開通の芝山鉄道はこの未買収地を避けて建設された。

しかし、60年代から始まった反対運動に青年時代から参加した共有者の多くが70代を迎え、相続を機にNAAへの売却も増えた。このため、大地共有委員会を発展的に解消し、社団法人化。共有者に呼びかけて名義を法人に無償で変更することにした。

登記費用はカンパで集め、法人は今月中に設立手続きが終わる見通しで、NAA広報部は「引き続き誠意をもって地権者と話し合い、用地取得に努めたい。」と話している。

1978-05-20---新東京国際空港が開港した。
1978-03-26---過激派が管制室を占拠し、機器を破壊した。
1971-09-16---成田空港建設第2次強制執行に着手した。
1971-02-22---成田空港建設で、強制代執行に踏み切った。
1968-02-26---成田空港建設反対で、総決起集会が成田で行われた。
1966-07-04---新東京国際空港の建設予定地を三里塚に決定。

[AD] You can advertise on this site.

[AD] You can advertise on this site.

AD SPACE