on-the-time.jp

2018-11-06

ケベック城壁の遺物が、カナダの考古学者によって発見された。

戦争と平和カナダケベック

ArtDailyは2018年11月07日に、カナダのケベック市の考古学者は2018年11月06日火曜日に、カナダのケベック市の考古学者は、300年以上前にフランスの入植者が建設した和解の最初の要塞の遺物を発見したと言ったと報告した。

城壁の基盤は1693年のもので、発見されたのは長さは約20m(22ヤード)であった。

[AD] You can advertise on this site.

彼らは旧市街が世界遺産(World Heritage)に登録された市の居住プロジェクトで、最初の建設作業中に発見された。

考古学チームのジャン-イブ・ピンタール(Jean-Yves Pintal)は、「運ばれた暗い土壌で小さな木片が見つかりました。私たちは見つかったものを取り出し、きれいに汚れこすり落とし、非常に重要な遺物が見つかったことに気づき、それは非常によく保存されていました」と言った。

この遺物は1693年から1694年の間にフランスの軍事技術者であるホセ・デュボア・ベルテルール・ド・ベコクール(Josue Dubois Berthelot de Beaucours)の計画に従って建てられたもので、1690年に建設された一時的なシステムに置き換えて、イギリス軍の砲撃を防いだ。

ケベック州の500人の軍隊と居住者によって建てられたこれらの要塞は、「巨大な部分の杉の軸と切断された木製のフレーム」で構成されていた。

粘土に埋もれていた材料の「例外的な保全」を強調したフランス語圏のフランソワ・レガト首相(French-speaking province's Premier Francois Legault)は、「ケベック市にとって、ケベック州にとっても、大きな発見だ」と語った。

城壁の木材は土壌から回収されるのに、2年かかり、その後に展示されることが計画されている。

ケベック文化大臣のナタリー・ロイ(Nathalie Roy, Quebec's Minister of Culture)はパリ主導であったころの「貴重なもの」と呼んだが、市長のレジス・ラベアメ(Mayor Regis Labeaume)は「それは秘密の1つ」と述べ、都市の歴史について解明する必要があった。

彼は、「チャンプランの墓(tomb of Champlain)」とともに、「これは遺物として貴重なものの一つである。」と言った。

市長は、ピンタールは要塞を見つけるために1年を与えた、サミュエル・デ・シャンプレーン(Samuel de Champlain)は1608年にこの都市を創設した。と言った。

ケベックの歴史的地区は、北アメリカではユニークなものであり、国連文化機関であるユネスコの「要塞植民地都市の顕著な例(a remarkable example of a fortified colonial town)」と考えられて、世界文化遺産に登録されている。

イギリスのジェームス・ウォルフェ将軍(British General James Wolfe)は1759年にルイ=ジョセフ・デ・モンカルム将軍(General Louis-Joseph de Montcalm)を敗北させ、イギリスのためにニュー・フランス(New France)を支配した。

そういえば、欧米の市長の多くが、その町の歴史学者の場合が多い。
話を聞いて、やたら詳しいのに驚くことが、
それだけ市長は、その市を愛しているということだろう。

日本の市長が、それだけその市を愛しているのだろうか?

[AD] You can advertise on this site.

[AD] You can advertise on this site.