2018-10-18

新エネルギー・産業技術総合開発機構、インドの病院で省エネ実証運転。

健康美容と医学の科学インド日本

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年10月22日に、NEDO (New Energy and Industrial Technology Development Organization/新エネルギー・産業技術総合開発機構)は2018年10月18日に、日立製作所と共に、AIIMS (All Indian Medical University/全インド医科大学)ニューデリー校で、太陽光発電を含めた省エネルギー機器とITシステムの実証運転を開始したと発表したと報告した。

AIIMSは教育機関と病院を兼ねており、主に病院での省エネの実現と業務効率の改善が実証事業の目的としている。病院の消費電力を2014年度比で30%削減することを目標に設定する。

実証事業は、インド政府が2014年06月に発表した「グリーンAIIMS構想(Green AIIMS concept)」に基づいており、2016年度に始動した。

事業の実施期間は2019年度末まで。

2018年10月17日の運転開始式には、日本、インド両国の政府関係者が出席した。