2018-10-18

ハッカーはiCloudデータを売ろうとしたが、裁判所に提出した。

犯罪と裁判米国

アンドリュー・オル(Andrew Orr)はMacObserverで2018年10月18日に、21歳のITアナリストのケレム・アルバヤラク(Kerem Albayrak)はiCloudデータ、特に3億9,900万人のユーザーの詳細を販売しようとしたと報告した。

Mac of Cultからの2018年10月18日の情報によれば、彼は特定のアカウントにアクセスして、Appleを脅迫してUS$17万4000のBitcoinとUS$1,100のiTunesギフトカードを取ろうとした。

ケレム・アルバヤラクは2018年10月17日に、ロンドンのウェストミンスター裁判所(Westminster magistrates’ court in London)に出廷した。
彼は、コンピュータの操作を損なう意図で、脅迫と2回の不正行為の容疑を受けた。
彼にはまだ起訴状が提出されておらず、2018年11月14日の予備審問まで無条件の保釈が与えられた。

検察は、ケレム・アルバヤラクが、Appleに電子メールを送信して、データベースのiCloudアカウントをダウンロードし、それらのiCloudアカウントを工場出荷時の状態に戻すという財政的要求をしていると訴えている。 彼は被疑者の口座に入り、YouTubeにハックのビデオを掲載した。

彼がiCloudデータを入手した場所は不明で、AppleのユーザーはApple IDページにアクセスして、パスワードやその他の情報を変更することができる。

またまた、この情報を利用して、フィッシング詐欺が増えることだろう。うんざり!

2018-10-16---アップル、中国でのApple IDハッキングを謝罪。

Related Dates