2018-10-10

ロシア製兵器調達のインドに、米国が近日中に制裁を判断!?

戦争と平和経済

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年10月12日に、米国のドナルド・トランプ(Donald Trump)大統領は2018年10月10日に、ロシアの最新鋭地対空ミサイルシステム「S400(Триумф/Triumph/トリウームフ)」の導入を決めたことで、インドが制裁の対象となるかは近日中に判明すると語ったと、インドのPTI(Press Trust of India)通信が2018年10月11日に伝えたと報告した。

ロシアのウラジーミル・プーチン(Влади́мир Влади́мирович Пу́тин/Vladimir Putin)大統領はのインド訪問に伴い、両国は先週、「S400」の導入に向けたUS$50億(約5,600億円)の契約を結んだ。

米国は「S400」関連の取引をロシアに対する制裁の対象としており、制裁を免除する権限は大統領だけが持つ。

ドナルド・トランプは米大統領府の執務室で記者団の質問に答え、「インドはそのうち知るだろう。」と語った。

米国は、「S400」の取引との関連で中国に制裁を科している。在インド米国大使館の報道官は先に、制裁はロシアが対象であり、同盟国や提携相手国の軍事力に打撃を与えることが目的ではないと説明していた。