gaYa広告

2018年10月11日

豊洲市場が開場。

食品

日本経済新聞 電子版、朝日新聞デジタル、毎日新聞は2018年10月11日に、2018年10月06日に、世界最大級の魚市場として知られ「日本の台所」と呼ばれてきた中央区の東京都中央卸売市場築地市場が2018年10月06日に、最終営業日を迎え、閉鎖され、2018年10月11日に、豊洲市場(江東区)が開場したと報告した。

【広告】 冬、寒くなって「gaYa-3」が真っ白になっているので、すぐにロングハウスに電話したら、全部天然オイルで、一番良いときに使えるようにデザインされていると聞き、真っ白になっているオイルを手の平に一滴落としたら、目の前ですぐに透明になってきました。もの凄く不思議!早速、説明書を読んでiいただき、納得していただきました。

壁のない開放型だった築地市場から、温度管理を徹底した閉鎖型に生まれ変わり、鮮度や衛生面の向上が期待される。

市場は午前0時に開場した。
午前5時半からのマグロの初競りに先立ち、水産卸売業者を代表して「大都魚類」の網野裕美社長が「築地を上回る豊洲のブランドを構築し、次の100年につながる市場とすべく一丸となってまい進しましょう」とあいさつ。
小池百合子都知事も「豊洲新市場を東京、日本の中核的な市場として育てていく」と話し、一本締めをして競りに臨んだ。

豊洲市場の水産卸売場棟では午前5時半から、マグロの初セリが実施された。
鐘の音とともに、築地時代と変わらず威勢の良い声がセリ場を駆け巡った。
初セリでl青森県三厩(みんまや)産の生マグロ(214キロ)が最高値の428万円(1キロ当たり2万円)で競り落とされたが、築地の最終日の最高値青森県大間産の162.4kg生マグロの438万5,000円を下回った。

一方で、産地から来たトラックや買い出し人らの車で周辺が渋滞し、一部で荷物の搬入が遅れた。

東京消防庁や警視庁によると、マグロなど水産物を取り扱う水産卸売場棟の7街区で、午前2時50分ごろ、施設内で小型運搬車「ターレット」(ターレ)1台が焼ける火災があったほか、午前4時半ごろ、市場内を歩行中の女性がターレと接触し、女性はけがをした。

築地は競りを間近で見学できて外国人観光客らの人気を集めたが、豊洲では衛生面に配慮し、「見学デッキ」からガラス越しに眺めることになる。

場内の一般見学は2018年10月13日からで、豊洲市場には、すし屋など多くの飲食店や物販店も築地から移り、一般の人も2018年10月13日から利用できるようになる。競りをデッキから見られるのは2019年01月15日からになる。

また、魚の加工や調理ができる「加工パッケージ棟」や、荷物を他市場に転配送するための施設も整備した。

築地市場では2018年10月11日から解体作業が始まった。

市場に併設され、開場前にオープンする予定だった観光拠点「千客万来施設」は、小池知事が2017年06月に築地跡地を「食のテーマパーク」にする構想を掲げたため、運営会社が「採算が取れなくなる」と反発し、2023年春に開業がずれこむ見通しになった。

2018-10-06---築地市場。83年の歴史に幕!

【広告】 肌がガサガサになってきて、しわくちゃになってきて、このまま死んでいくのかと思ったら、何もする気が無くなっていたとき、友達が、笑いながら、「gaYa-3」をくれたのです。老眼鏡で説明書を読んで、試しに全身パックをしてみたんです。1週間続けたら、太っていないのにツルツルで、ぷよんぷよんになってしまいました。そうしたら気分まで明るくなって、来年は世界一周を計画しています。と、ご連絡いただきました。皆様が、お幸せになっていただけることが喜びです。ありがとうございます。

この記事に関連する日付

【広告】 春夏秋冬、肌は油断大敵です。全身ボディパック「gaYa-3」をお試しください。

gaYa広告