AD SPACE

2018-10-04

米国の金融大手も、香港の経済成長率予測を下方修正。

経済戦争と平和キャラバン資本主義ビジネス

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年10月05日に、香港の経済新聞「香港経済日報(香港經濟日報網)」が2018年10月04日に、米国の金融大手バンクオブアメリカ・メリルリンチ(Bank of America Merrill Lynch)は、米中貿易戦争の過熱が要因で、香港の2018年のGDP(Gross Domestic Product/域内総生産)成長率予測を従来の前年比4%から3.8%に引き下げた。
2019年も3%から2.7%に下方修正したと伝えたと報告した。

[AD] You can advertise on this site.

バンクオブアメリカ・メリルリンチによると、貿易摩擦が香港の輸出に影響するほか、中国本土経済の成長鈍化による打撃も受けるとみられる。

香港の最優遇貸出金利(プライムレート)が上昇したことも悪材料で、住宅ローンの負担増に伴い、個人消費の伸びに圧力がかかる上、住宅価格も下落に向かうという。

本土の2019年の経済成長率予測は、従来の6.4%から6.1%に下方修正した。

一方、本土の輸出入の伸びが鈍化し、需要が弱含みに向かえば、中央政府は財政出動や金融政策を打ち出して、貿易摩擦によるマイナスインパクトを吸収させると見通した。

HSBC証券も、香港の2018年のGDP成長率について、従来の3.8%から3.5%に予測値を引き下げた。

金利上昇が住宅市場と株式市場の資産効果に悪影響を与え、個人消費に響くとみている。貿易戦争は貿易のほかに、金融、物流という香港2大産業にも打撃を与えると指摘した。

2019年の成長率は3%、2020年は2.7%とそれぞれ予測した。

悪材料は複数あるものの、潤沢な外貨準備高と香港政府の政策が向こう数年の香港経済を下支えると付け加えた。

日本も隣の火事場では済まされないかもしれない。

以前、マカオに長く住んでいたことがある知人が、中国は一人では死なない。周囲を巻き込んで、最後は自分だけでも生き残ると言っていたことを思い出す。

彼は、数年前に癌で死んだが、今も生きていたら、論理的に実証してくれたことだろう。

もっとも強いものが生き残るのではなく、
もっとも賢いものが生き残るのででもない。
唯一生き残るのは、変化にもっとも適応できるものである。
チャールズ・ダーウィン

It is not the strongest of the species that survives, nor the most intelligent that survives.
It is the one that is most adaptable to change.

Charles Darwin

今もっとも適した言葉かもしれない。

2018-10-04---PwC、香港で2018年01〜09月の上場企業調達が2.7倍に!
2018-09-27---中国は、米の制裁を原動力に、経済高度化を促進!?
2018-09-24---マレーシアの貿易収支、米中貿易戦争中でも黒字維持。
2018-09-20---米国の対中制裁で影響受ける企業の半分は、外資。
2018-09-17---米国の対中関税第3弾、家具や家電、年内10%。
2018-09-14---米中貿易戦争で、香港の工場増強中止!
2018-09-14---香港の中古住宅市場で、一部の物件価格が下落している。
2018-09-13---2018年中間選挙に、オバマが異例の参戦!
2018-09-13---アルゼンチンとブラジルの通貨、最安値更新!
2018-09-11---米中貿易戦争で、中国本土撤退、香港の中継貿易減も
2018-09-11---香港政府は、米中貿易戦争を長期戦と考えた!
2018-09-03---中国商務省、米国などのブタノールに反ダンピング措置を仮決定!
2018-08-29---2018年11月の中間選挙は、史上初のFake Election?
2018-08-23---ドナルド・トランプの2016年選挙直前と現在の評価比較レポート。
2018-08-23---ミャンマーは、インフレ率が近年で最も速いペースで上昇。
2018-08-23---米中貿易戦争!制裁関税第2弾と報復!
2018-08-17---中国人が公開した七夕の詩。
2018-08-16--米中が、2018年08月下旬に次官級貿易協議を再開。
2018-08-15---「トルコリラ・ショック」 の次は、「テンセント・ショック」
2018-08-14---中国商務省、米国防権限法成立で、「影響を注視」
2018-08-14---中国、米国を太陽光パネルの輸入制限で、WTOに提訴!
2018-08-14---インドのルピー最安値、しかし、政府は問題視せず!
2018-08-13---「リラより安全」と、トルコでBitcoin取引が急増!
2018-08-07---米中貿易戦争で、破れるのは中国か?米国か?
2018-08-06---インドで、米中貿易戦争により、中国製鉄鋼の輸入急拡大。
2018-08-03---総力で貿易戦争に備えるトヨタ!2018年04〜06月純利益最高!
2018-08-03---中国、米国に報復関税として、輸入6.7兆円分を発表。
2018-08-03---ウォール街でESG投資が拡大。これは、強欲資本主義の終わり?
2018-08-02---米中貿易戦争で、台湾の商機拡大。
2018-08-02---「資金調達の冬」を迎えはじめた中国で、ブロックチェーン企業は活況。
2018-08-01---大企業の設備投資、38年ぶりの高水準。
2018-07-31---米国企業が、USTRにインド製品の税制優遇継続を要望!
2018-07-31---米中貿易戦争の影響か?韓国の2018年06月産業動向、投資が急落!
2018-07-26---米中貿易戦争で元安が進行し、2019年に香港観光業に影響!?
2018-07-26---トヨタ車、シドニー郊外で、住民に人気。
2018-07-25---米中貿易戦争。米国企業と米国国民を攻撃!
2018-07-25---トランプの車関税に、各業界が警告!米国民に大きな代償を要求!?
2018-07-24---日本車、ガソリン車ゼロは2050年までの政府目標。
2018-07-23---日本のEV向け中古電池で、再使用市場拡大。
2018-07-17---米中貿易戦争で、オーストラリアのレアアースにも影響。
2018-07-17---中国の工業設備稼働率、第2四半期は76.8%に上昇。
2018-07-13---台湾のアパレル各社、生産拠点の分散化促進。
2018-07-13---中国の対米黒字が、2018年01〜06月に13.8%増。
2018-07-11---トヨタ、タイ生産が1千万台に到達。
2018-07-10---米国の対中追加制裁22兆円。6031品目を公表。
2018-07-09---中国国務院、貿易均衡へ、輸入拡大計画を始動。
2018-07-06---米国の関税、企業などの申請を審査し、特定の製品を対象から外す。
2018-07-06---米国が、全輸入品に拡大示唆し、対中制裁関税を発動。
2018-07-01---中国、大豆などを対象に、アジア5カ国に関税引き下げた。
2018-06-30---対米報復関税、米国第一から、自国第一へ!続々連鎖。
2018-06-27---トヨタとフォードが、化石になる日!
2018-06-26---ハーレーダビッドソンが、アメリカから逃げ出した!
2018-06-22---EU、対米報復関税発動。
2018-06-20---トランプ政権、日本など5カ国から、鉄鋼関税の一部除外。
2018-06-17---インドも、米国製品30品目に報復関税、今週中に発動する方針。
2018-06-16---中国が対米報復として、まず大豆や牛肉、自動車などにまず25%の追加関税。
2018-06-15---米国の次の対中制裁は、投資規制。
2018-06-15---「米中貿易戦争」だけでなく、「世界貿易戦争」に突入する懸念。
2018-06-14---トヨタ、相談役・顧問60人から9人に削減!
2018-06-13---中国、国務院常務会議で民生関連の輸入を拡大を決めた。
2018-06-13---トヨタ、シンガポール配車大手「Grab(グラブ)」に1100億円出資。
2018-06-08---中国の対米黒字、さらに拡大!2018年05月の貿易黒字18.5%増。
2018-05-29---日系JERA、オーストラリアで太陽光と蓄電池事業に参画。
2018-05-08---中国、2018年04月の貿易16.7%増、対米黒字は拡大。
2018-05-01---中国、外資にもMVNO市場を開放。
2018-04-28---中国の証券会社の外資過半数出資解禁、関連法公布。
2018-04-17---中国、2022年までに段階的に、車の外資規制撤廃。
2018-04-05---米国の対中赤字02月は18%減。対日は2%減。
2018-04-04---米国の対中知財制裁、産業ロボなど1300品目の原案を公表。
2018-04-04---中国の報復関税。
2018-04-02---「米中貿易戦争」などの懸念からか?NY株一時US$700安。
2018-03-27---香港の輸出額、13カ月プラス。
2018-03-26---中国から見た中米「貿易戦争」
2018-03-25---中国、スマートマニュファクチャリング大国になるための課題。
2018-03-24---米中摩擦や円高が響き、日本株の下落率が突出した。
2018-03-23---米国株、3日続落。ダウ4カ月ぶりの安値。ナスダック7000割れ。
2018-03-23---米中、「貿易戦争」勃発の懸念!
2018-03-23---中国も、米中「貿易戦争」勃発に向け、関税の弾薬を詰め始めた。
2018-03-22---ヤンゴンの縫製工場、最低賃金日額4,800チャット(約375円)適用要求スト!
2018-03-21---韓国ファッション企業、ベトナムで夜逃げ多発!
2018-03-14---米国は、対中貿易赤字US$1000億削減を要請。
2018-03-13---ベトナムの鉄鋼輸出39%増、米国の輸入制限の影響を懸念。
2018-03-13---OECD、米国の輸入制限に「重大なリスク」と警告!
2018-03-05---米国の鉄鋼・アルミ輸入制限、香港への影響軽微。
2018-03-02---米国の追加関税や円高で、日経平均、一時600円超安。
2018-03-01---米国株式、3日続落し、ダウUS$420安。
2018-03-01---米国。鉄鋼・アルミに、追加関税25%・10%で、輸入制限。
2018-02-21---米国株、ダウ続落で、仮想通貨まで、全面安!
2018-02-10---投資マネーが逆回転し、1週間で株時価総額5兆ドル消失!
2018-02-08---ドナルド・トランプ(Donald Trump)大統領による自滅バブル(Bubble economy)
2018-02-07---トランプ大統領Twitterで、株価下落「大間違い」と不満を送信!
2018-02-05---米国株、急落!ダウは史上最大の下げ幅US$1,175安!
2017-12-19---住友金属鉱山は、フイリピンのミンダナオ島で、クロマイト回収事業に35億円投資。
2017-02-07---中国の王毅外相、米中、対立する余裕はない。
2016-05-29---アディダス、IoTで脱中国驀進中!
2015-11-23---「ナイキ(Nike)」のスニーカーを履いていると殺されるかもしれない国。
2015-03-23---排泄物の『金』と『レアアース』。その価値は数百万!
2013-11-23---非常に便利な金属アルミニウム(Aluminium)。
2013-07-25---モバイル金鉱を発掘する。
2013-07-21---ゴールドラッシュ時代の廃棄物は、現代の宝の山だった!
2013-05-30---中国の「世界の工場」の地位は代替できない。
2013-05-27---中米製造業で、明暗“くっきり"
2013-05-19---日本チーム、インド洋で高濃度レアアース泥を発見!濃度は中国の数倍。
2013-02-01---ロシア、レアメタル生産計画を策定。
2013-01-17---日本人は、欲しいものはどこからでも捜してくる!
2013-01-01---どこまで続く、中国の最低賃金を引き上げ!
2012-12-22---アフガニスタンの鉱物資源は、経済を変容できるか!?
2012-11-06---中国のレアアース受注減少、生産稼働率は30〜50%。
2012-10-24---ノキアで始まった「脱中国」時代!?
2012-10-11---湖南省江華で、年産300トンのレアアース分離工場を着工。
2012-09-25---ノキア、中国に続いて、韓国でも人員削減加速。
2012-09-04---アディダスの中国委託工場、契約終了通告。
2012-08-30---中国の多国籍大手、中国撤退が加速!
2012-08-23---中国で、日本メーカーのテレビ販売崩壊!日本はラクダ?
2012-08-23---アディダスの契約終了で、中国生産受託300社が集団賠償請求!
2012-08-21---低所得農家20%と高所得農家20%は所得差が10.19倍。
2012-08-20---ウォルマートとカルフール、中国での出店ペースを減速。
2012-08-08---中国初のレアアース製品電子取引所を8月に包頭で開業。
2012-08-07---スポーツ用品、中国での販売減速。メーカーの在庫膨らむ。
2012-07-26---中国上半期の都市部住民可処分所得。
2012-07-25---ノキア、段階的中国事業撤退を継続!
2012-07-20---中国唯一のアディダス自社工場を閉鎖!
2012-07-20---ロンドンでオリンピック公式スポンサー名を言えば言うほど不可思議!?
2012-07-17---ノキア 中国での人員削減計画発表!
2012-07-03---日本の部品メーカー、中国などに分散化!「キャラバン資本主義」
2012-06-19---日本の中国産レアアース輸入7割減。
2012-05-17---企業は、人件費高騰でも人手不足の北京で 「90後(90后)」引き止めに必死!
2012-04-09---中国レアアース業協会を北京で設立。
2012-03-13---米国、EUと日本は、中国に対して、WTOでレアアースに挑戦!
2012-02-28---上海市はさらに、4月から月1450元へ最低賃金引き上げ!
2012-02-23---レアメタル回収の基本方針「使用済み小型電子機器回収促進法案」の全容判明。
2012-02-20---Foxconn、iPadとiPhoneのスタッフ16-25%の賃上げ!
2012-02-08---中国雇用主の8割が、「今年は6%以上賃上げ」。
2012-02-08---中国の最低賃金水準は、2015年までに13%引き上げ!
2012-02-08---中国の春節明け第1週の人材募集、過去最高186万人!
2012-02-06---中国、春節明けに転職が激増し、労働力不足が深刻化!
2011-11-06---アディダスのWebサイトにサイバーテロ攻撃!
2011-09-25---巨大人口の中国で、労働力不足の時代がやって来る!?
2011-07-14---異常な熱気で高騰したレアアース価格に落ち着き!
2011-07-11---中国の深セン市で、最低賃金13.2%アップで月額1423元。
2011-07-04---日本の科学者、太平洋の海底で膨大なレアアース鉱物を発見!
2011-06-29---中国の最低賃金、今後5年で年13%以上引き上げ!
2011-05-01---最低賃金を楽しむ香港の労働者達。
2011-04-12---ノキアは、40% 近くの人員削減が可能になった!
2011-04-12---Foxconnは今年から、ブラジルでiPadを組み立て始める!
2011-04-05---北京市が外資企業の賃金は、中国企業の最低賃金の1.5倍以上を明示!
2011-03-06---中国のレアアース輸出規制策はWTOのルールに合致。
2011-03-02---ノキアは、新しい工場をベトナムでオープン!
2011-02-25---中国のレアアース輸出規制で、「都市鉱山」が再注目!
2011-02-11---中国、2500余平方kmのレアアース・460余平方kmの鉄鉱石の国家計画区を設立。
2010-12-05---中国、レアアース輸出規制の姿勢を堅持。
2010-11-24---中国は日本に、レアアース出荷を再開。
2010-10-27---インドのモバイル電話検索で、ノキアが一番!
2010-08-02---米国合衆国のグローバル・サイバーセキュリティと支配への挑戦。
2009-06-23---2020年に、中国では主要鉱産物19種が供給不足になる。
2008-04-09---Nokia社、「キャラバン資本主義」でボーフム工場閉鎖。
2004-12-05---ニューヨーク・タイムズが、「記憶に残った100冊の本」の2004年度版を発表。

[AD] You can advertise on this site.

[AD] You can advertise on this site.