on-the-time.jp

2018年10月02日

8歳の少女、スウェーデンの湖で「鉄器時代の古剣」を発見!

観光研究調査

ハフポスト(Huffpost)の日本語版は2018年10月05日に、スウェーデンの湖で、8歳のスウェーデン生まれのアメリカ人少女サーガ・バネチェク(Saga Vanecek)が、バイキング時代以前のものとみられる剣を発見した。このニュースは「8歳の少女が湖から剣を引き抜いた」などと世界で報じられ、ネット上では新たな物語(サーガ)の誕生かというような、盛り上がりを見せていると報告した。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

サーガ・バネチェクが今年の夏、湖に石などを投げて遊んでいた時、水中で「棒きれのようなもの」を見つけた。

当時、湖の水位は、干ばつの影響でとても低かったという。

サーガ・バネチェクは、「The Local」に、「拾ったときは、そのまま湖に戻そうと思った。でも、棒には持つところがあって、先端が尖っていて、全体的に錆びていた。だから、それを掲げて、お父さんに『剣を拾ったよ!』と持って行ったんです」と、語った。

父親は当初、「単なる棒きれじゃないか」「おもちゃじゃないか」などと半信半疑だったが、友人などの意見も聞いて、専門家への鑑定を依頼した。

この剣は、調査をした地元博物館によると、バイキング以前の時代、1500年前のものの可能性もあるという。

BBCによると、この湖では、剣の発見を受けた発掘調査で、新たに3世紀に作られたブローチが発見された。地元博物館は、まだ発見があるかもしれないと期待していると伝えている。

スウェーデンの英語ニュース「The Local」によると、博物館は見物客で調査ができなくなるのを懸念して、サーガ・バネチェクに「(剣の発見を)内緒にして」と頼んだ。

サーガ・バネチェクは約束通り秘密を守りきって、親友の1人を除いて、クラスメイトにもこのことを話さなかったという。

この、あらたな「伝説」誕生に、世界中から注目が集まり、ネット上では、「スウェーデンの新しい女王だ!」などと興奮、感動の声が上がっているという。

早速、調査をしたスウェーデンの博物館ヨンショーピング郡博物館(Jönköping County Museum)のWebを見てみた。

全文、スウェーデン語で2018年10月02日に、「8歳の子が鉄器時代の剣が見つけました(Åttaåring fann järnålderssvärd)」という情報に遭遇した。

鉄器時代の剣は、Vid Eastern湖で水泳している時に少女が踏みつけた。

少女の家族は、Jönköping County Museumの考古学者アニー・ローゼン(Annie Rosén)と連絡を取り、アニー・ローゼンはそれがすばらしい、非常に興味深い発見であることをすぐに認識した。

剣の長さは全長85cmで、剣は木と革で非常によく剣を保存されていた。

剣は鉄器時代のもので、1000年、おそらく1500年前のものと推測された。

女の子が剣を見つけた深さは、わずか約0.5mで。それがいつ水中に捨てられたかはわかっていない。

2018年09月に郡の管理委員会と一緒に現地を調査すると、西暦300年から400年の衣装を含む先史時代の調査結果が得られた。
剣は現在コンサベーターにある。 公開された画像は、それがちょうど砂丘から引き出されたときに現れた剣を示している。

さらに、ヨンショーピング郡行政委員会のヨンショーピング郡博物館(Jönköpings läns museum, länsstyrelsen i Jönköpings län och medlemmar)とスウェーデン金属探知機協会(Sveriges Metallsökarförening)のメンバーは、交渉地域の水域を調査し、その結果、どのように解釈されるべきかを明確にすることができるかどうかを調べると伝えている。

ヨンショーピング(Jönköping)市の緯度、経度
57°46'49.0"N 14°15'39.0"E
または、
57.780272, 14.260842

【広告】 50歳くらいの男性の話しを聞いて、私も足の角質で困っていたので早速、割安の100mlの「gaYa-3」を購入して使ってみました。角質はまるで石けん洗っても落ちない垢のようですね!それを「gaYa-3」が浮かせてくれる。2〜3回は、お風呂で軽石で少しコスったのですが、その後は手でマッサージするだけでボロボロ無駄な角質が取れました。今ではひじなどの角質にも使っていますと、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 研究を行ったイギリスのチームによると、眉の可動性が非常に高いことは、言葉を使わない意思疎通能力を人間にもたらしたとされる。 この能力は大規模な社会的ネットワークの構築に不可欠であり、こうした社会を築くことで、人間は協力関係を拡大し、生存確率を高めることができたのだという。 「眉の動きが制限されるボトックス(botox/しわ取り注射)療法を受けた人は、感情を強調したり、他者の感情に共感したりする能力が低下するということが示されている。」と説明した。 そういえば。最近多くの女優や歌手がボトックス療法を受け、顔が固まったようになっている。 しわは石鹸などで洗いすぎ、皮下脂肪を流し落としたことで深くなる。 毎日、石鹸で顔を洗う人は、しわが深くなる。 顔を石鹸ではなく、例えば「gaYa-3」で汚れを浮かして洗い落とせば、しわはそれほど増えない。 顔の表現で、感情を強調したり、他者の感情に共感したりする能力が低下すると女優としての能力が低下し、成り立たなくなる。