on-the-time.jp

2018年11月09日

北海道アンテナショップ、タイの首都バンコクの高島屋に出店。

経済

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年10月04日に、北海道貿易物産振興会は、海外での多店舗化の一環として、富裕層をターゲットに北海道産の食品などを売り込む考えから、北海道産の食品などを扱うアンテナショップ「北海道どさんこプラザ」をタイの首都バンコクに出店すると報告した。

【広告】 角質のように、石けんで落ちない垢が全身マッサージでも落ちるのでしょうか?と言う質問が来ました。実は、それが目的で「gaYa-3」が、開発されました。足に塗るとき、ついでに腕にも塗ると、垢のようなものがボロボロ取れます。水ですと、その後がガサガサになりますが、「gaYa-3」はオイルですから、つるつるで、ぷるるんとなります。

チャオプラヤー川沿いで開業予定の「サイアム高島屋(SIAM Takashimaya)」の食品フロアで、2018年11月09日にオープンする。

北海道産の食品などを約500点取り扱うという。
海外での出店はシンガポールに次ぎ2カ所目。

北海道経済部、食関連産業室の担当者はNNAに対し、「出店する地域は五つ星ホテルや高級住宅が集結しており、富裕層の顧客が見込まれる。そういった人たちに対し、北海道の産品をPRしていく」と述べた。

サイアム高島屋(SIAM Takashimaya)の緯度、経度
13°43'36.2"N 100°30'37.7"E
または、
13.726717, 100.510472
299 Charoen Nakhon Road, Khlong Ton Sai, Khlong San, Bangkok 10600

【広告】 60歳代のダンス・インストラクターの方から、顔から首、胸へ毎日「gaYa-3」を使ってます。こんな凄いオイルははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。いつもお体を気にされている方からのご意見に感激いたします。

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。

gaYa広告