on-the-time.jp

2018-10-04

不祥事企業スルガ銀行に群がる個人の人気の皮肉。

経済犯罪と裁判政治戦争と平和宗教

日本経済新聞 電子版は2018年10月04日に、不適切な融資の発覚で急落したスルガ銀行株の売買が急増していると報告した。

その中心は個人投資家で、品質不正など企業の不祥事が相次いだことで、皮肉なことに個人が不祥事を新たな収益機会と捉えるようになってしまった。

[AD] You can advertise on this site.

長期投資より短期の値ざや取りを狙う個人の動きは不祥事企業が自ら招いたもので、日本の証券市場の信頼低下につながりかねない。

2018年10月04日の東京証券取引所第1部で、スルガ銀株の売買高は4位だった。

スルガ銀は潰れないと読んだ!

金融庁による一部業務停止命令の報道をきっかけに3日から売買が急激に膨らんでいる。2018年10月03日は11%高、2018年10月04日は5%安と激しい値動きが起こっている。

個人顧客が主体のSBI証券では2018年10月04日まで連日で個別株で売買代金トップになった。

新規に口座を開いた「初心者」が初めて投資した銘柄でも4位と人気だった。
マネックス証券で個人の買い越しが目立つのはスルガ銀や融資資料の改ざんが明らかになったTATERU、経営不振の大塚家具だ。

「個人の7割は決算短信すら読んだことがなく、過去の値動きを示すチャートだけで株価が戻ると判断している。」とマネックス証券の益嶋裕マーケット・アナリストは話す。

東京市場では神戸製鋼所のデータ改ざんや日産自動車の無資格検査など不祥事が相次ぐ。

機関投資家が一斉に売るため株価は短期的に急落するが、その後に戻るケースも多く「不祥事銘柄投資」が投資ジャンルの一つになった感がある。

「機関投資家の売りで実態以上に株価が下がりやすい」というのが理屈だという。

オリンパスや東芝の上場は維持され、大稼ぎした個人もいる。

オリンパスは底値から11倍、東芝は2.2倍になった。こうした「成功体験」を追随したいと考えるのも無理はないことであると伝えている。

そういえば、株価ではないがトルコのリラ安も、一時は広告も減ったが、カタール支援で広告も為替額も戻った。

銀行よりえげつない。支援のお金を狙え!

不安定な経済は、蜜の味!

次の話題は、破壊的なアメリカドルの大暴落!

第3の目を開け!

ゲーム!トランプを出し抜け!!

2018-10-01---米中貿易戦争で、アリババとテンセントはアジア市場に舵を切った!
2018-09-27---中国は、米の制裁を原動力に、経済高度化を促進!?
2018-09-13---アルゼンチンとブラジルの通貨、最安値更新!
2018-08-30---アルゼンチンの政策金利60%に緊急利上げ!
2018-08-29---2018年11月の中間選挙は、史上初のFake Election?
2018-08-23---ドナルド・トランプの2016年選挙直前と現在の評価比較レポート。
2018-08-23---ミャンマーは、インフレ率が近年で最も速いペースで上昇。
2018-08-23---中国のアリババ、2018年04〜06月期は41%減益!
2018-08-20---トルコの金融危機をカタールがUS$30億規模で支援!
2018-08-19---トルコリラの下落は、2018年03月ごろから始まった。
2018-08-16---米中が、2018年08月下旬に次官級貿易協議を再開。
2018-08-15---「トルコリラ・ショック」 の次は、「テンセント・ショック」
2018-08-13---「リラより安全」と、トルコでBitcoin取引が急増!
2017-08-01---トルコのクーデター未遂で、空軍トップら500人裁判開始!
2016-09-28---トルコ、クーデター未遂で3万2000人逮捕・勾留!
2016-08-15---トルコで保管の米国核兵器が、危ない!
2016-08-02---トルコ大統領。「欧米諸国はテロとクーデターを支持」と非難!
2016-07-18---トルコ軍将校103人の身柄拘束、公務員約9000人を解任。
2016-07-17---トルコ政府、クーデター未遂に関与で約6000人を拘束。
2016-07-16---トルコクーデター兵士、『政府サポーターにより斬首された。』
2016-07-15---トルコクーデター。Facebookライブマップは、アンカラとイスタンブールの人々の書き込み。
2015-06-16---モルシ元エジプト大統領、脱獄罪で死刑判決。
2015-05-16---2013年07月まで、エジプト大統領だったムハンマド・モルシに死刑判決。
2015-04-21---エジプトの元大統領モルシに、禁錮20年の判決。
2015-04-11---ムスリム同胞団のチーフに死刑を宣告。
2015-02-08---エジプト、al-Jazeeraジャーナリストの再審決定。
2015-02-02---エジプトで拘束されたアルジャジーラのオーストラリア人レポーター開放。
2015-01-01---エジプト法廷は、アル・ジャジーラ3人から事情聴取をする。
2014-07-25---アル・ジャジーラのジャーナリスト、エジプトで上告を決意。
2014-07-07---エジプトの大統領は、アル・ジャジーラ裁判を「後悔」
2014-06-24---世界中のジャーナリストがアル・ジャジーラ3人への判決で、エジプトに抗議
2014-06-23---エジプトは、アル・ジャジーラの3人に、少なくとも7年の刑を宣告。
2014-06-08---エジプト大統領選圧勝で選ばれたシシ、新大統領に就任。
2014-06-02---アラブの春は、なぜ実際の民主主義にならないのか?
2014-04-30---エジプトの638人に死刑判決で、トップレス抗議。
2014-03-25---エジプトで、何人のムスリム同胞団に死刑を宣告するのか?
2014-03-02---革命は、予測不可能。
2014-02-16---エジプトのモルシのための弁護士は最新の裁判から歩き去った。
2013-12-28---ムスリム同胞団支持者は、カイロの大学建物に火を付けた。
2013-11-28---エジプトは、プロ・モルシ・デモンストレーションで少女を投獄。
2013-11-04---補佐はムハンマド・モルシ排除を詳述。
2013-11-04---テレビで、裁判所に到着したムハンマド・モルシの映像を放映。
2013-10-09---エジプトはムハンマド・モルシの裁判を11月4日に開廷。
2013-10-06---エジプトのデモンストレーションの中の衝突、50人以上が死んでいる。
2013-09-25---エジプトは、ムスリム同胞団新聞を閉鎖。
2013-09-23---エジプト裁判所は、ムスリム同胞団の「活動」を禁止。
2013-08-19---エジプトの警察は、シナイのラファで待ち伏せにより、24人が死亡。
2013-08-17---ムスリム同胞団支持者、カイロのモスクで緊張した孤立。
2013-08-16---アラブの春で,幸せだったことが、どのように悲劇に変わったか?
2013-08-15---カイロのスクエアー抗議運動。
2013-08-15---エジプトの暴動での死者数が、発表されるごとに上昇し、525人を越えた。
2013-08-04---エジプトは、ノーベル平和賞受賞者カワクル・カルマンの入国を拒否!
2013-07-27---今回のカイロ抗議で、100人が殺され、1,500以上が負傷。
2013-07-06---エジプトの危機、ムスリム同胞団は次に何をするか?
2013-07-06---エルバラダイの臨時首相任命に、疑問符?
2013-07-03---エジプト暴動と不安のタイムライン。
2013-07-03---エジプト軍が、実質的クーデターでモルシ大統領を排除!
1967-04-21---パパドプロスの暗殺未遂事件。

[AD] You can advertise on this site.

[AD] You can advertise on this site.