2018年09月25日

シンガポール2019年01月から、駐輪場でQRコード読み取り義務化。

犯罪と裁判観光

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年09月26日に、シンガポールのLTA(Land Transport Authority/陸上交通庁)は2018年09月25日に、自転車シェアサービスによる放置自転車や迷惑駐輪対策として、公共の駐輪場でQRコードの読み取りを求める制度を2019年01月に導入すると発表した。

自転車シェアサービスの利用終了時にスマートフォンでQRコードの読み取りを行わなかった場合、S$(シンガポール・ドル)5(約413円)を課金するよう事業者側に義務付ける。暦年で1年間に3回、不適切な駐輪を行った利用者には、最長1年にわたって自転車シェアサービスの利用を禁止する。

【広告】 あなたがシャワーを使うときに犯している誤り!健康的で、清潔と考えて、そのシャワーを使うときの誤りで、あなたは発疹と乾燥肌を起こすかもしれない。美容と医学の科学専門家アマディン・イスナール(Amadine Isnard)は、熱いお湯がオイルを剥ぎ取ると教えた。例えば、汚い皿を洗うために私達が熱いお湯を使用する理由であると言っている。

政府は今年、駐車場法を改正し、自転車シェアサービスに免許制を導入。事業者に免許の取得を義務付けた。2018年07月07日まで取得申請を受け付けており、年内に交付する予定。

免許制導入の一環としてLTAは2018年03月に、シンガポールのMRT(Metro Rail Transit System/地下鉄・高架鉄道)駅やバス停、公営住宅(HDBフラット)街などに設置された公共の駐輪場全てにQRコードを掲示する計画を発表した。自転車シェアサービスの利用者が適切に駐輪しているかを確認するため、利用終了時にスマホでQRコードを読み取ることを義務付ける考えを示していた。

LTAによると、公共の駐輪場へのQRコード掲示は今月末から順次進める。10月初めには自転車シェアサービスの利用者に新制度を周知するキャンペーンを開始する計画だ。

LTAは各政府機関や不動産開発事業者などと連携し、公共の駐輪場の設置を進めてきた。

今年に入って全国で7,000台分の駐輪スペースを拡大。現在は20万7,000台分に達しているという。2020年には26万7,000台分まで増やす方針だ。

シンガポールなど、小さな国では、車より自転車が便利で、シェア・サービスも普及しているが、放置が大きな問題であった。

しかし、問題は観光客をどうするかである。

道路で唾を吐いても捕まる国で、自電車を捨てても無罪は変だった。

2018-05-08---シンガポールの陸上交通庁、自転車シェアの免許申請を受け付ける。
2018-03-26---シンガポールで、車両番号認識システム、主要道路で試験導入。
2018-03-12---シェア自転車利用者、世界で2億人増。
2018-03-09---「Grab」、複数の自転車シェア対応の新アプリの提供を開始。
2018-02-02---シンガポールの南洋工科大学、電動自転車シェア試験運用。
2018-01-09---シンガポール初の全自動地下駐輪場、北部で試験設置。

【広告】 美智子妃殿下のお付きの美年子様より電話があり、「gaYa-3」をイスラエルの方からいただき、長年悩んでいた胸にあったかぶれに塗ったら、3日ほどでつるつるになったので、探していたとご連絡をいただきました。こんなに身近にあったので驚いて、同時に興奮気味でした。美年子様より再度電話があり、イスラエルの方からではなく、中曽根様の奥様だったと修正連絡がありました。ありがとうございます。

【広告】 50歳くらいの男性の話しを聞いて、私も足の角質で困っていたので早速、割安の100mlの「gaYa-3」を購入して使ってみました。角質はまるで石けん洗っても落ちない垢のようですね!それを「gaYa-3」が浮かせてくれる。2〜3回は、お風呂で軽石で少しコスったのですが、その後は手でマッサージするだけでボロボロ無駄な角質が取れました。今ではひじなどの角質にも使っていますと、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

gaYa広告