2018-09-16

データの巨人がユーザーの思考や影響力を制御する方法のドキュメンタリー映画を発表。

犯罪と裁判

ドイツのタブロイド紙「ビルト(Bild)」は2018年09月16日に、データの巨人GoogleとFacebookがユーザーの思考や影響力を制御する方法をどのようにして利用しているかをドキュメンタリー映画にして発表したと報告した。

ドイツの新聞「ヴェルト(Welt)」は、米国の大統領ドナルドトランプ(Donald Trump)はGoogleとFacebookの政治的偏見を訴えている。
反トラスト法で彼らを攻撃したいと考えていると書いていると報告した。

ドイツの写真ニュース雑誌「シュテルン(Stern)」は、セラピストのマルセイ・リゼッタ(Marcey Rizzetta)は、すべての結婚を破壊する5つのことを明らかにした。
彼女はそれらをすべて自分で試した。そして、リゼッタは離婚したと報告した。

ドイツの有力週刊誌シュピーゲル(Der Spiegel)は、米国入国禁止措置の後、Googleの従業員は検索エンジンのパワーを使用すると主張するレポートについて話したと報告した。

まだまだ多くの症例をメディアから紹介している。

新しいドキュメンタリーは、データの巨人がユーザーの思考を制御し、選挙に影響を与える方法を明らかにしている。

2018-09-06---Facebook元幹部「米国選挙は再びハッキングされる!」
2018-08-29---トランプのツイートに、Google反論。
2018-08-29---2018年11月の中間選挙は、史上初のFake Election?
2018-08-28---総裁選めぐり、自民、報道に「公平・公正」要請?!
2018-08-23---ドナルド・トランプの2016年選挙直前と現在の評価比較レポート。