2018-09-20

自民党のカツカレー「食い逃げ」議員は誰だ!?で臆測。

政治犯罪と裁判

毎日新聞は2018年09月21日に、安倍晋三首相が連続3選を果たした自民党総裁選で、2018年09月20日の国会議員投票の直前に首相陣営が開いた出陣式で、験担ぎの「カツカレー」を食べながら、安倍晋三首相に票を投じなかった議員がいたとみられ、陣営の甘利明事務総長は「カレーライス事件」と呼ばれて臆測を呼んでいると報告した。

[AD] You can advertise on this site.

陣営関係者によると、東京都内のホテルで開いた出陣式では、国会議員計332人(代理出席含む)にカツカレーを振る舞った。

しかし、直後の国会議員投票で首相が獲得したのは329票。

陣営幹部は「カレーをただで食べたやつがいる」と憤る。

官邸の危機管理 不祥事→辞任のレッドライン。

ただし、「自民党籍がない議員が2人現場にいた」との声もあり、「食い逃げ」した人数は定かではないという。

2012年総裁選では、首相陣営が同じホテルで開いた出陣式で食べたカツカレーが3500円するとして、高額だと批判を受けていた。

一方、党本部で開いた出陣式で、同じくカツカレーを振る舞った石破茂元幹事長の陣営は、何食分なのか数えていなかった。ただ、値段は1200円だという。

[AD] You can advertise on this site.

[AD] You can advertise on this site.

AD SPACE