2018-09-17

韓国のSKT、4倍速い次世代Wi-Fiを商用化!

経済未来

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年09月18日に、韓国の通信大手SKT(SKテレコム)は2018年09月17日に、従来の無線LAN「Wi-Fi(ワイファイ)」より4倍速い次世代Wi-Fiサービスを商用化すると発表した。

SKTの「T Wi-Fi AX」は、次世代Wi-Fi規格のIEEE802.11axに準拠し、アクセスポイント当たり最大4.8ギガビット毎秒(Gbps)の通信速度を提供する。現在市販されているスマートフォンは802.11ax対応チップを搭載していないため最大1Gbpsだが、来年発売されるフラッグシップモデルのスマホは1.2Gbpsまで向上する見通し。その後もスマホの性能向上に伴い高速化したWi-Fiを利用できるようになる。

SKTはWi-Fi使用量が多いソウル・三成洞のCOEXなどの商業地を中心に商用ネットワークを構築した。今後、データトラフィックが大きい全国各地へサービスの適用範囲を広げていく計画だと伝えている。