2018-09-17

フィリピン、米国にクラーク新都市へ米国企業が参画していないと不満!

戦争と平和

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年09月17日に、フィリピンのカルロス・ドミンゲス(Carlos G. Dominguez)財務相は、米国のマニーシャ・シン(Manisha Singh)国務次官補(United States Assistant Secretary of State)と会談し、パンパンガ州(Province of Pampanga)のCSEZ(Clark Special Economic Zone/クラーク経済特区)の複合開発事業に米国企業が参画していないことについて、不満を表明し、米国企業による投資を促した。

マニーシャ・シンは、日米の企業間での協力を模索する考えを示した。

元クラーク米軍基地元(Clark Air Base)にまで、日本が支援する必要があるのか?

アメリカは利用するだけで、後処理に日本をもちだすのは勝手である。

特に元クラーク米空軍基地は、日本を攻撃するための前線基地である。
そこの開発支援を米国が日本に依存するのは異常である。

フィリピン政府は、総額US$2億5,000万(約280億円)を投じて、クラークの米空軍基地跡地を新都市「ニュー・クラーク・シティー」として整備する計画。

カルロス・ドミンゲスは、ニュー・クラーク・シティーの開発案件の入札に米国企業が参加していないのは、ドゥテルテ政権による大規模なインフラ整備計画「BBB(Build Build Build/ビルド・ビルド・ビルド)」に関心がないことの現れと指摘した。カルロス・ドミンゲスによれば、米国企業はこれまで設計関連業務に入札しただけという。

マニーシャ・シン国務次官補は、「ビルド・ビルド・ビルド」で大きな投資機会があることを米国のインフラ企業の経営陣に伝えることを約束した。ニュー・クラーク・シティーへの投資では、日米の企業間で協力する可能性を探るという。

カルロス・ドミンゲスによると、今年になって米国・東南アジア諸国連合(ASEAN)ビジネス協議会とフィリピン米国商工会議所(AmCham)に対しても、ニュー・クラーク・シティーへの米国企業の投資がないことに疑問を投げかけたという。

元クラーク米空軍基地(Clark Air Base)のCSEZ(Clark Special Economic Zone/クラーク経済特区)の緯度、経度
15°11'25.9"N 120°33'26.5"E
または、
15.190528, 120.557361