2018-09-12

タイのSCG、供給網管理にブロックチェーン導入!

モバイル・マネー銀行経済

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年09月13日に、タイの素材最大手SCG(Siam Cement Group/サイアム・セメント)は2018年09月12日に、SCGのサプライチェーン取引にブロックチェーン(分散型台帳)技術を導入すると発表した。

018年08月中旬に一部業者との間で試験的に開始しており、今後順次拡大する。サプライチェーンの取引・管理の効率化を推進する。

サイアム商業銀行(Siam Commercial Bank)傘下のVC(Venture Capital/ベンチャー・キャピタル)デジタル・ベンチャーズ(Digital Ventures Co., Ltd.)と提携し、米国のブロックチェーン開発大手R3の技術を使ったサプライチェーンの取引プラットフォーム「B2P(Block Chain Solution for Procurate to Pay/ブロックチェーン・ソリューション・フォー・プロキュア・トゥー・ペイ)」を立ち上げた。

B2Pは、商品の発注から支払いまで処理できることに加え、税務処理のためのインボイスも発行するという。
SCGのサプライチェーンは、1万社強。

サプライチェーンの取引では従来、書類のやり取りに多くの人員と時間、輸送費がかかっていたが、B2Pの導入でこれらを半分に削減できる他、安全性や信頼性も高まると予測している。

SCGのユタナー副社長(Yuttana Jiamtragan, Vice President - Corporate Administration, SCG)によると、v8月中旬には、化学系のサプライヤー10社とB2Pを通じて取引を実施。6カ月以内に石油化学系にも導入を広げ、将来的には海外のサプライヤーとの取引にも導入する。