2018-09-12

LG化学、車向け接着剤の米ユニシール買収。

EV経済

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年09月13日に、LG化学(LG Chem)は2018年09月12日に、米国の自動車向け接着剤大手ユニシール(Uniseal)を買収すると発表したと報告した。

親会社であるクックエンタープライズ(Koch Enterprises)とユニシール株100%の取得契約を結んだ。

自動車向け接着剤は、車体を組み立てる際に溶接の代わりに使用されるもので、車体軽量化の中核素材とされる。世界中の自動車メーカーが車体軽量化を追求しているだけに、今後も堅調な需要が期待できる。

LG化学はユニシールの買収を通じ、自動車向け接着剤市場への本格的な参入を狙う。ユニシールの販売網だけでなく、自動車向けバッテリー事業で培ったグローバルネットワークを活用していく方針だという。

ユニシールは1960年に設立され、インディアナ州に本社と工場がある。これまで米国のGM(General Moters/ゼネラル・モーターズ)やフォード(Ford)など完成車大手に接着剤を供給してきた。
2017年の売上高は約630億ウォン(約62億3,300万円)。