gaYa広告

2018年09月12日

三菱地所、杭州でオフィス開発事業を進めると発表。

経済

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年09月13日に、三菱地所は2018年09月12日に、深圳市に本拠を構える不動産開発大手の万科企業(万科企业)と共同で、浙江省杭州市でオフィスを核とする大規模複合開発事業を進めると発表したと報告した。

三菱地所グループが中国でオフィスを含む複合開発を行うのは今回が初となる。

すでに、2018年08月に着工しており、2021年03月末に竣工(しゅんこう)予定という。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

杭州市東部に位置し、人工知能(AI)やビッグデータ、クラウドコンピューティングなどの産業が多く集積する「銭江世紀城(钱江世纪城)」エリアで、オフィス、賃貸住宅、ホテル、飲食店舗からなる複合開発事業を進める。
敷地面積は約1万4,000平方mで、延べ床面積は約9万5,000平方mになる。

同事業への投資額は非公開としているが、出資比率は三菱地所が25%、万科企業が75%となっている。

事業の実施を巡っては、上海市の子会社を通じ、11日に万科企業と合意した。

三菱地所グループが万科企業と合弁事業を行うのは今回が3件目で、これまで江蘇省南通市、無錫市で住宅開発事業を展開してきた。

三菱地グループは経営計画で海外事業の拡大を掲げており、現在、アジア、オセアニア地域9カ国で事業を展開している。

日本の企業が海外に向けて進出しているのに対し、中国人の金持ちが日本の土地を漁っている!

不思議な土地バブルが、日本の内外で起こっている。

浙江省杭州市の緯度、経度
30°16'26.7"N 120°09'18.3"E
または、
30.274083, 120.155069

杭州市東部の「銭江世紀城(钱江世纪城)」エリアの緯度、経度
30°13'45.5"N 120°15'20.1"E
または、
30.229311, 120.255569

【広告】 60歳代のダンス・インストラクターの方から、顔から首、胸へ毎日「gaYa-3」を使ってます。こんな凄いオイルははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。いつもお体を気にされている方からのご意見に感激いたします。

【広告】 九州のお医者様の奥様が、偶然使われ、凄く良いので九州まで送って欲しいと言われ、早速対応させていただきました。 これはどこで買えるの?と聞かれてしまいました。お店は銀座三越4階「アトリエロングハウス」TEL: 03-3562-7012で購入いただけます。よろしくお願いします。

この記事に関連する外部のサイト