2018年09月11日

日本人起源!ゲノム歴史学で解明へ。

超過去人物言語研究調査

毎日新聞は2018年09月11日に、日本列島に住む人類の起源を、ゲノム(遺伝情報)解析や言語学などの共同研究で解明を目指す新たなプロジェクトを、情報・システム研究機構などの8団体合同の研究チームが始めると報告した。

考古学など文理融合による「ゲノム歴史学」という新手法で取り組む異例のプロジェクトは、日本人がどこから来たのかという謎に迫れるかが期待されると伝えている。

【広告】 先日、オイルの全身パックをはじめて聞いたという方にお会いしました。実は、エジプトのファラオを埋葬するとき、バチカンで聖人を埋葬するときは、全身をオイルで清めます。また、ダビデ王が、はじめて宗教の王として任命されたときもオイルで清めています。それは、水では落とせない汚れを浮き出させて、きれいにしてから神になったのです。

日本列島には約4万年前に初めて人類(旧石器人)が渡来して以降、ユーラシア大陸などから縄文人や弥生人などが移り住んだとされるが、詳しい時代や起源はわかっていない。

また、本州に住む人や北海道のアイヌ民族、南西諸島の人など、地域でDNA型に違いがあることがわかっている。

チームでは、日本全体に住む人類を意味する「ヤポネシア人」(ヤポネシアは日本列島の意味)と名付け、ルーツを包括的に調べる。

具体的には、全国で離島や半島など特に土着性の高い約50地域の計約500人のゲノムを詳しく解析。旧石器人などの人骨や、人とともに渡ったとされるハツカネズミやイネなど動植物のゲノムも調べ、大陸との関係性をみる。また各地域の方言もデータベース化し、言語が分かれた時期や共通性を調べる。

5カ年にわたるプロジェクトには人間文化研究機構や国立歴史民俗博物館、北海道大学などが参加し、研究費は約2億円。記者会見した研究チームの斎藤成也国立遺伝学研究所教授は「精度が上がったゲノム解析を活用し、ヤポネシア人や日本語の起源について、確実性の高い仮説を提唱したい。」と述べた。

日本語の起源には、口内構造にも影響することだろう。

私が在学ていたドイツの大学は、ドイツで最初に文化人類学の学部ができたことから、世界中の研究者が集まって研究していた。

また、日本では返還要求も出ているアイヌの頭蓋骨もあったことだろう。

私が研究していた書誌学でも、文字を書くときのペンを持つ動作の発達を知るために、文化人類学の学生と話し合ったことがあり、石のナイフを持つ手の変化が、参考になったこともあった。

2017-07-31---アイヌの遺骨、138年ぶりドイツが日本に返還。
2016-10-25---英独露の学者間で、アイヌの遺骨「流通」か?
2015-03-18---イギリスの新しい遺伝地図は、移住の連続した波が10,000年で帰るのを見せた。
2014-08-25---ケネウィック人は、はるか遠く、ポリネシアから来た?
2007-09-13---国連総会で「先住民族の権利に関する国連宣言」が採択された。
1998-05-23---BC2万年頃に古代人がベーリング海を渡って大陸に住み始めた。
1997-08-23---BC2万8,000年頃日本列島の土着民族であるアイヌが確認された。
1972-06-23---二風谷アイヌ文化資料館が開館した。
1961-06-09---アイヌ語学者知里真志保が死去した。
1922-09-18---「アイヌ神謡集」の著者知里幸恵が死去した。
1903-06-08---「アイヌ神謡集」の著者知里幸恵が生まれた。
1901-02-24---アイヌ語学者知里真志保が生まれた。
1869-08-15---松浦武四郎は、江戸末期に蝦夷地を探検し、「北海道」と改称した。
1799-07-29---高田屋嘉兵衛が択捉島〜国後島の航路を確立。
1669-07-18---蝦夷で総酋長シャクシャインが反乱を起こした。
-3652-00-00---ニューメキシコのBat Caveで、ポップコーンの欠片を発掘した。
-7200-00-00---ケネウィック原人の骸骨年代が9,200年前であった。

【広告】 60歳代のダンス・インストラクターの方から、顔から首、胸へ毎日「gaYa-3」を使ってます。こんな凄いオイルははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。いつもお体を気にされている方からのご意見に感激いたします。

【広告】 別の60歳代の方から、全身パックをしてホットシャワーで、余分な油を洗い落とすとき、お湯が玉になって滑り落ちます。こんな経験は、娘時代にしたことを思い出しました。何となく、娘時代に返ったような気分です。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

gaYa広告