2018-08-14

不動産のダイビル、シドニーのビルをS$2億4千万で取得。

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年08月15日に、オーストラリアの経済新聞「AFR(The Australian Financial Review/オーストラリアン・ファイナンシャル・レビュー)」は2018年08月14日に、不動産の所有・経営・管理などを手掛ける商船三井傘下のダイビルは2018年08月14日に、中国系建設請負業者ジョン・ホランド(John Holland)がシドニーCBD(Central Business District/中央商業地区)で計画するオフィスタワー「275ジョージ・ストリート(275 George Street)」建設プロジェクトを取得すると発表した。

ダイビルは取得額について非開示としているが、AFRは約S$2億4,000万豪ドル(約193億円)としている。

ダイビルの広報担当者はNNA豪州に対し、シドニーやメルボルンで優良物件の投資を模索していると述べた。また、オーストラリアへの社員駐在などについて、現在は予定していないが検討していると述べた。

ダイビルが取得するビルは、建設と管理をジョン・ホランドが行う。来年1〜3月に建設を開始する。完工は2020年6月の予定になる。

ダイビルが取得するオフィスビルは敷地面積626平方mの地上15階建て、地下3階建てになる。下層階が商業スペースとなっており、貸床面積は7,274平方mに上る。

ダイビルはプロジェクト管理を、米金融サービス会社TIAA(Teachers' Insurance and Annuity Association of America/全米教職員年金保険組合)傘下の不動産投資管理会社THリアル・エステート(TH Real Estate)に委託する。

ダイビルは、既に進出しているベトナムのほか、オーストラリア不動産市場への投資機会を過去1年間模索していたという。

シドニーの「275ジョージ・ストリート(275 George Street)」の緯度、経度
33°51'54.9"S 151°12'25.4"E
または、
-33.865244, 151.207058