2018-08-06

横浜の日揮、マレーシアのペトロナスとLNG生産性向上事業で合意。

経済未来

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年08月07日に、横浜の日揮(JGC Corporation)は2018年08月06日に、マレーシアの国営石油ペトロナス(PETRONAS/Petroliam Nasional Berhad)の100%子会社ペトロナス・リサーチ(PETRONAS Research)と空冷式LNG(Liquefied Natural Gas/液化天然ガス)プラントの生産性向上に関する協業に合意したと発表した。

1980年代以降に計画・建設されたLNGプラントの多くは熱交換器から生じる排熱を大気中に放熱する空冷式を採用しているが、熱交換器からの高温の排気が吸気側に吸い込まれる「HAR(Hot Air Recirculation/高温排気の再循環)」により冷却能力が低下し、運転の不安定化や生産性の低下を招いている。

日揮は2008年にHARの専門チームを立ち上げ、影響を最小限にとどめたプラントの設計や建設、設備の配置を請け負う高度な流動解析技術CFD(Computational Fluid Dynamics)を含む「エアライズ・LNGサービス(AIRLIZE LNG Service)」を手掛けている。既に10件以上の実績を持つ。

日揮の広報担当者はNNAに対し、「海外でエアライズ・LNGサービスを提供するのはマレーシアが初めてとなる」と語った。世界各地でLNGプラントを運営するペトロナスのプラントに対し、「まずはサービスを納入するための実証実験をマレーシア国内で実施する。」と言う。

2018年中にペトロナスのプラント1カ所で行い、実績を積んだ後、同社の他のプラントや他社への売り込みを目指す方針。日揮はエアライズ・LNGサービスを通じて、年産能力が400万〜500万トンのプラントであれば、1%前後の増産につながるとみている。

将来的には、AI(Artificial Intelligence/人工知能)や「IoT(Internet of Things/モノのインターネット)」を活用したHAR予測システムを構築する計画だという。

これからは、石油や石炭、LNGを単にエネルギーと考える時代ではなくなりそうである。

特に、東南アジアやアフガニスタンなどでは、新しい油田や希土がなどが発見されている。

例えば、石油や石炭、LNGを燃料とするより、加工しやすい素材として、直接プラスチック・マテリアルとして、3Dプリンターで利用するなど、多様化を考えることができる。産油国も燃料と考えるから、未来が見えなくなるが、マテリアルと考えると膨大な無限とも言える未来が見えてくる。

その途中の廃棄物は、酸素を生産したり、炭素を抽出し、第3次マテリアル、第4次マテリアルに加工し、完全消費材として、廃棄するものがなくなるなど、大きく変わることになるだろう。

実は、ペットボトルから、繊維を世界で最初に帝人の科学者、ベルリンのフンボルト大学で、草からプラスチックを開発した教授などは、それを錬金術と呼んでいる。

つまり、高圧をかけることで、植物性オイルは、化学記号を変えることができることを実証した。

また、錬金術には、この他にも魔女が扱ったと言われる製薬学の分野もある。

カリフォルニア大学の歴史学教授で、18世紀のヨーロッpにおける魔法と科学を研究しているデボラ・ハーネス(Dwborah Harkness)は、小説家でもあり、彼女の小説「魔女の目覚め(A Discovery of Witches)」全2巻では、多くの錬金術の事例を紹介している。

特に面白いのは下巻にあるバンパイアのハーブティの作り方で、「パセリ、生姜、ナツシロギク、ローズマリー、セイジ、ノラニンジンの種、ヨモギ、メグサハッカ、アンゼリカ、ヘンルーダヨモギギク、ビャクシンの根をモスリンの袋に、ひとつまみづつ入れて、ハーブティの作り、毎日飲むように書いている。

このハーブティの効果は、彼女の小説「魔女の目覚め」下巻で調べると、魔女にとって驚きの効果があることがわかることだろう。

実は、私もドイツで、錬金術を研究していたが、デボラ・ハーネスのような魔女のものではなく、ダ・ビンチやデュラーなどの物理的な技術の研究であった。