2018-08-06

中国の関税調整が影響、2018年上期の自動車輸入22%減。

経済

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年08月07日に、中国の経済日報系のニュースサイト「中国経済網(中国经济网)」は2018年08月06日に、中国自動車流通協会(中国汽车流通协会)によると、上半期(2018年01〜06月)における中国の自動車輸入台数は45万2,000台で、前年同期比22.1%減となったと伝えた。

2018年07月01日からの輸入車関税引き下げを前に、消費者が買い控えに回ったことが輸入台数減につながったと報告した。

輸入車の関税引き下げを巡っては、中国の国家主席習近平(习近平/President Xi Jinping)国家主席が2018年04月10日に「博鳌亚洲论坛(Boao Forum for Asia/博鰲アジアフォーラム)」での演説で、年内の実施を表明した。

第四,主动扩大进口。内需是中国经济发展的基本动力,也是满足人民日益增长的美好生活需要的必然要求。中国不以追求贸易顺差为目标,真诚希望扩大进口,促进经常项目收支平衡。今年,我们将相当幅度降低汽车进口关税(自動車の輸入関税の大幅な削減),同时降低部分其他产品进口关税,努力增加人民群众需求比较集中的特色优势产品进口,加快加入世界贸易组织《政府采购协定》进程。我们希望发达国家对正常合理的高技术产品贸易停止人为设限,放宽对华高技术产品出口管制。今年11月,我们将在上海举办首届中国国际进口博览会。这不是一般性的会展,而是我们主动开放市场的重大政策宣示和行动。欢迎各国朋友来华参加。

その後国務院(中央政府)関税税則委員会が2018年05月22日、2018年07月01日から関税番号ベースで139品目の完成車の関税を現行の20〜25%から15%に引き下げると発表した。

中国自動車流通協会・輸入車委員会(中国汽车流通协会 进口车委员会)の王存主任は、習主席が輸入車の関税引き下げを表明した4月から、消費者の買い控えが顕著になったと説明している。

上半期の輸入車販売台数は39万4,000台で9.8%減少した。

一方でブランド別の輸入車台数を見ると、上半期は上位10ブランドの中でレクサスとボルボだけは前年同期比で増加したという。