2018-08-02

ウガンダのモバイル・マネー使用額はUS$180万まで減少。

モバイル・マネー

Mobile World Liveは2018年08月02日に、デイリー・モニター(Daily Monitor)からの情報によると、ウガンダで論争を巻き起こしているモバイル・マネー税の実施後2週間で、処理された取引の価値は€6,620億(US$182百万)に減少したと報告した。

財務相会議の会合で、ウガンダ銀行(Bank of Uganda)の頭取チャールズ・アブカ(Charles Abuka)は、前年同期からの落ち込みが、現金に戻っていることを暗示していると述べた。

以前は、モバイルマネーがこの国で強力な足場を得て、ウガンダの銀行は2017年12月に、モバイルマネー取引が過去12ヶ月間で54兆ウォンに増加したと述べた。

頭取チャールズ・アブカのコメントは、MTNウガンダのCEOウイム・バンヘレプッテ(Wim Vanhelleputte)によって支持された。同委員会で、MTNが、導入された税金の最初の月にモバイル・マネー・サービスが連続した30%の収入減を記録したと語った。

執行官は、課徴金が変更されないか、完全に取り消されることをさらに拒否すると警告した。

ウガンダのモバイル・マネー税は、社会の貧しい人々から毛布を剥がされるように、最も影響を与えるだろうと不満を表明した多数の団体や組織からの激しい批判を受けたにもかかわらず、2018年07月01日に課された。

実施時には、金銭の譲渡と預金または預金の引き出しに1%の課金が課された。
しかし、新しい料金が有効になってから数日後、入金手数料が間違って取られたため削除された。

その後、議会で税金を引き下げる提案を発表した。

2018-07-04---ウガンダは、モバイル・マネー税論争で、元に戻した!
2018-06-01---ウガンダは論争のアプリ、モバイル・マネー税金を承認。
2018-05-30---ウガンダはモバイル・マネー税を再開するために熱くなっている。
2018-04-25---ウガンダ当局、モバイル・マネー税を考え直すと主張。