2018-08-02

アップル株は、時価総額US$1兆を達成 !

経済人物

日本経済新聞 電子版は2018年08月02日に、2018年08月01日の米株式市場でダウ工業株30種平均は反落した。

前日夕の好決算を受けてアップルが5.9%の幅で急伸した。

US$200台に乗せ、上場来高値を更新した。時価総額は米史上初の「US$1兆」に肉薄し、注目を一身に浴びた。

1銘柄でダウ平均を76ドルほど押し上げて奮闘したが、市場全体が沸き立つには至らなかった。まるで市場のエネルギーの大半をアップルが吸い取ってしまったかのような米株相場であった。

日本経済新聞 電子版は2018年08月03日に、アップル株は午前の取引で上場来高値を更新し、時価総額US$1兆を達成した。

主力の「iPhone」が収益をけん引した直近10年で株価上昇に弾みがつき、時価総額は約7倍に膨らんだ。

「US$1兆」は日本企業で時価総額最大のトヨタ自動車(約23兆円)の5倍弱に相当し、台湾証券取引所の全上場銘柄の時価総額にほぼ匹敵する。

これは、スティーブ・ジョブズ(Steve Jobs)が復帰してから21年で、時価総額294倍になった。

しかし、いつも話題になることだが、次の市場に向けた新製品開発である。

日本経済新聞 電子版は2018年08月03日に、米国のアマゾン・ドット・コムが猛追していたが、投資家は利益水準や株主還元で上回るアップルに軍配を上げたと報告した。

アップルとアマゾンの戦いは、PaidContentが2008年01月14日に、ニューヨークタイムズ(New York Times)のApple社の音楽サービスに対して、音楽産業が生き残りをかけて、Amazon.comに希望を託した戦いの記事が面白いと紹介してきたことがあった。
これが、アップルとアマゾンの第1次大戦であった。

その時の戦いは、Super Bowlソングの提供でPepsiは、Apple社からAmazon.comに鞍替えしてきた。

ここで面白いのは、販売促進キャンペーンで一番儲かるのは、レコード会社でも、Amazon.comでも、Pepsiでもなく、iTunes店より利益率が良いiPodsの販売の増強で、Apple社だと言っている。
そう言えば、Amazon.comが発売した「Amazon Kindle」で音楽は楽しめなかった。

2018-07-31---Apple Payは、2018年第3四半期に、US$10億の取引を達成。
2018-07-25---アップル神話に不安?iPhone 6の故障率の高さが鮮明。
2018-05-04---米国株、ダウ続伸。ナスダック反発、アップルが上場来高値。
2017-09-22---落ちる「リンゴ」を拾うか?捨てるか?
2017-05-09---アップル、株式時価総額90兆円超え!
2016-02-01---アップルの王座、Googleのアルファベットに抜かれた!
2015-02-27---アップルは,世界で最初のUS$1兆会社になるかもしれない。
2015-01-28---アップルは史上で、最も大きい毎季の利益を発表する。
2014-09-29---ジョブスの未亡人は、28番めに裕福な米国人、4番めに裕福な米国女性。
2014-08-19---アップル株価は新記録。
2014-02-10---Googleの時価総額が、世界第2位に!
2014-01-27---アップル、利益伸び悩みの懸念から株価急落。
2012-04-10---アップルの市場価値はUS$6000億を越えた。
2011-10-05---アップルの共同創立者スティーブ・ジョブスが死去した。
2011-08-25---アップルのCEOになったティム・クックの初仕事!
2011-08-24---アップルのスティーブ・ジョブスが辞任を表明。
2011-02-28---アップルの最高運営責任者が、iPhone Nanoのヒントを与えた!
2011-01-21---Appleの次のCEOが、誰か!8人の炎の戦いが始まった!
2009-09-09---ジョブズがApple社の舞台に帰ってきた!
2009-06-29---Apple社のジョブズが職務に復帰とAPPL株価。
2008-09-03---ジョブス心臓発作の偽情報で、株価変動!
2008-02-28---iPhoneの1,000万台販売作戦をウォール街の群衆に紹介した。
2007-06-18---「iPhone」と共に危機にひんしていること!?
2007-01-09---スティーブ・ジョブスがiPhoneを紹介した。
2006-09-25---「iPhone」は生産体制に入る!?
2006-01-02---Apple社の携帯電話「iPhone」大爆発予測!
2004-12-30---Apple社の膨大な年表を構築して1年分が完結した。