2018-08-02

東京医科大学入試。女子一律減点の問題。

犯罪と裁判教育

日本経済新聞 電子版は2018年08月02日に、東京医科大学は、大支援事業で有利な取り計らいをするよう2017年05月に、入試で文部科学省の佐野太同省前科学技術・学術政策局長に依頼した見返りに、今年度の息子を不正合格させたとされる文部科学省の私立大支援事業を巡る汚職事件で、臼井正彦前理事長と鈴木衛前学長が贈賄罪で起訴されている私立東京医科大学が、2011年以降、女子受験生の点数を一律で減点するなど、男子受験生を優遇していたことが関係者への取材で。2018年08月02日に明らかになったと報告した。

文部科学省の幹部は、東京医科大学の入試の募集要項に、こうした措置は記されておらず、東京医科大学の対応を批判している。

毎日新聞は2018年08月02日に、東京医科大学の関係者によると、東京医科大医学部医学科の一般入試の合格者数は、2010年に女子が全体の4割弱に達したため、「女子は3割以内におさえるべきだ」として、2011年以降、男子優遇の措置が取られてきたという。
具体的には、マークシート方式の1次試験で女子の点を一律に減点したり、小論文と面接で実施される2次試験で男子の小論文の点数を加点したりしていたという。

朝日新聞デジタルは2018年08月02日に、東京医科大学の今年の一般入試は、1次でマークシート方式の筆記試験を行い、合格ラインを超えた受験者だけが2次の面接と小論文などに進む仕組み。募集要項で男女別の定員は定められていなかった。

関係者によると、東京医科大学では1次の結果について、女子の点数に一定の係数をかけて一律に減点。
その結果、今年の一般入試の受験者計2614人(男子61%、女子39%)のうち、1次試験の合格者は男子67%、女子33%で、2次試験を経た最終合格者は男子82%(141人)に対し、女子は18%(30人)に下がり、男女で差が出ていたと報告した。

毎日新聞は、東京医科大学のOBの取材で「入試の得点は女子の方が高い傾向があり、点数順に合格させたら女子大学になってしまう」とした上で「女性は大学卒業後に医師になっても、妊娠や出産で離職する率が高い。女性が働くインフラが十分ではない状況で、仕方のない措置だった」と話した。

日本経済新聞 電子版は、東京医科大学の関係者は「女子は離職率が高い。どういう学生がいいかとの判断は裁量の範囲内ではないか」とこぼす。ところが、東京弁護士会の男女共同参画推進本部の委員を務める圷(あくつ)由美子弁護士は、法の下の平等を定めた憲法14条に照らし、「女性であることを理由とする差別的取り扱いに当たる」と指摘する。

そのうえで「女性活躍どころか、女性を排除する大学の本音が露呈した」と強く非難する。

教育基本法や私立学校法では私立学校も公共教育の一翼を担う「公の性質」を持つと位置づける。

建学の精神や校風などの自主性は尊重されるが、一定の公共性も求められる点が民間企業とは異なるという。

圷弁護士は「法律的には不合格となった女子受験生が大学に対し、損害賠償請求訴訟などを起こすケースも考えられる。」と話す。

一方で、東京医科大学側が男女で点数調整をした背景として、医師養成を担う医学部では卒業後の医師が付属病院に就職したり、大学医局に所属したりすることが多い。大学にとっては医学生の選考が将来の医師確保策と直結しているという大学医学部の特殊事情もあるという。

文部科学省は2018年06〜07月ごろ、国公私立大に公正中立、妥当な方法で入試をするよう通知を出し、性別の多様性も求めている。

ただし、男女ごとに定員を設定することは可能といい、文部科学省大学入試室の担当者は「どんな学生がほしいか、どう選抜するかを募集要項に示し、その通り実施するのが原則」と強調する。

しかし、それは手続き上の問題で、圷弁護士がいう「女性であることを理由とする差別的取り扱いに当たる」という指摘を拒否できると、文部科学省大学入試室の担当者は了承している。

文部科学省は近年、大学側にアドミッションポリシー(入学者の受け入れに関する方針)の明確化を求めており、方針を公表していれば男女の取り扱いに差を設けることは大学の裁量で可能という。

実際、女性への高等教育の機会確保を掲げる女子大学が多数存在するほか、女子生徒が多くなりがちな学部などで男子部を設けて男女比を調整しているケースもある。

ただ文部科学省幹部は「募集要項にない性別を加味していたのなら、ありえない不公正だ」と批判する。

手続き上の問題だけで、年約20億円に及ぶ東京医科大学への補助金の削減の可能性もあると言うなら、文部省幹部の天下りを了承していた大学も補助金の削減をすべきだが、それはしなかった。

女性医師が出産育児を機に離職しやすいという社会的な課題は、本来、就労環境の改善や保育施設の整備などで解決する問題で、男子学生を増やした今回の東京医大の対応は男女共同参画や女性の活躍推進に逆行する。

朝日新聞はさらに、複数の関係者によると、東京医科大学では卒業生を経由して同窓会などが、合否判定での優遇を求める受験生の親族らの依頼を集約し、リスト化して大学幹部に伝えていたという。

同窓会の元幹部はリスト作成を認め、「同窓会関係の子どもが受験するからよろしくと大学側に伝えた。」と証言した。

大学幹部も「5年ほど前には、毎年大学側に同窓会からのリストが届いていた」と明かし、ある卒業生の医師は「知人の子の受験を同窓会幹部に伝えた。『入試で同点の場合は頼むよ』という意味だった」と話した。

朝日新聞は同窓会や大学幹部が作成したとみられる数年前までのリストを複数入手。
あるリストには受験者や、紹介者の名前と卒業年度とみられる記載があった。
別の手書きリストには、約30人の受験者名や受験番号とみられる内容が記され、13人の名前の横に「◎」、6人に「○」、8人に「×」といった3種類の記号が書かれていた。

ある東京医科大学関係者は取材に「合否判定ではリストの記号に従って加点された。◎は『絶対頼む』、○は『可能なら』、×は『加点不要』という意味で、臼井前理事長の指示だった」と話した。

その段階で、裏口入学用金銭授受はなかったのだろうか?

東京医科大学の新大学病院は2019年07月01日に開院予定になっている。

まだまだ根は深い。

そういえば、汚職政治家などが、突然大学病院の個室に入院し、マスコミから隠れる事件も多かった。

ドイツのマインツ大学医学部に連邦首相であったヘルムート・コール(Helmut Josef Michael Kohl/1930 - 2017)の息子が入学してきたことがあった。
同級生に聞くっと、全く入学できる成績ではなかったと言っていた。

東京医科大学の緯度、経度
35°41'36.4"N 139°42'44.4"E
または、
35.693450, 139.712322

〒160-8402 東京都新宿区新宿6丁目1−1

2018-07-06---文部科学省のエリートがなぜ?
2018-07-04---文部科学省局長、受託収賄容疑で逮捕。
2018-05-12---チバニアン審査中断中!
2018-01-22---京都大学の助教授、iPS論文で不正!
2017-06-23---コール元独首相の葬儀、夫人の計画を前妻息子が批判!
2017-06-16---ヘルムート・コール元ドイツ首相が死去した。
2017-04-19---医師の論文偽証!
2017-03-30---教育指導者の天下り、違法62件。幹部ら43人処分!
2017-02-23---国立大阪大学での汚職!大学院教授、起訴内容認める。
2017-02-21---大学以外、共済組合や生保などでも天下り違法あっせん!
2017-02-17---文科省天下り調査班、大学教員に延べ40人再就職 半数は退職翌日。
2017-02-13---文部科学省元幹部違法天下りでも、早慶戦!?
2017-02-07---文部科学省による天下り先「月2回勤務で、年収1千万円」
2017-01-28---天下り仲介役の団体事務所家賃は、文部科学省補助団体が負担。
2017-01-23---文科省OB、学校法人に退職2カ月内、再就職42人。
2017-01-20---早稲田大学も文科省天下りあっせんに加担!
2017-01-20---安倍晋三首相、全省庁で天下り実態調査指示。
2017-01-20---下村元文科相、「役所あっせん全く認識なし」
2017-01-19---文部科学省、国家公務員法違反の疑いで調査中!
2017-01-15---文部科学省、教育委員会に立ち入り検査はできるか?!
2016-04-25---東京五輪エンブレム「A案」に決定。
2016-04-18---公的な投票にも関わらず、局地研究船の名前は、無視される。
2016-03-30---ニュージーランドの国旗、最終的に変更しない!
2016-03-24---ニュージーランド国民投票は、国旗「変更しない。」が優勢!
2016-03-20---公的な投票により、£2億の研究船の名前はBoaty McBoatfaceかもしれない。
2016-03-09---2020東京オリンピック・パラリンピックのエンブレムは、委員の過半数得票で決定。
2016-02-20---怪しげなアルバム・カバーの著作権侵害。
2016-02-20---これまで世界が見たことがある最も不可思議な国旗の8種。
2016-02-12---パリ2024オリンピック委員会は、盗用ロゴで告発された。
2016-02-12----始まったばかりの2016年で、最悪のロゴデザインと指名。
2016-01-30---あなたがアート『専門家』に安いIkea絵画を示す時に起こること!
2016-01-09---2020年東京五輪・パラリンピックの最終候補に4作品。
2016-01-08---ビタミン専門の教授が驚いた!ビタミンの取りすぎが害になる!?
2015-12-22---新国立競技場は、大成建設などのグループの「A案」を選定。
2015-12-15---ニュージーランド新国旗、最終候補が確定。
2015-12-09---アンゲラ・メルケルはどのようにして、「Person of the Year」に辿り着いたか。
2015-12-08---今度のオリンピック、パラリンピック・エンブレムは大丈夫か!?
2015-12-07---ニュージーランド宝石類会社の広告は、女性のセックスを特徴。
2015-12-05---世界でもっとも無知な国。
2015-11-18---広告は犯罪!20世紀の最悪の広告!
2015-11-02---世界で最も堕落した国ランキング!
2015-09-25---下村博文文部科学大臣、東京オリンピック問題で辞任!
2015-09-23---Lindtは、金チョコレート熊の商標権でHariboの起訴を退けた。
2015-09-22---「Happy Birthday」の著作権は認められなかった!
2015-09-16---ネスレのKitKats商標戦争。
2015-09-11---なんと、オリンピック組織委員会も著作権侵害?!
2015-09-05---エンブレムのデザイン審査は、民間会社の社長が行っていた。
2015-09-01---大会組織委員会は、佐野研二郎制作の東京五輪エンブレム使用中止。
2015-09-01---佐野研二郎デザイン事務所のホームページで声明を発表。
2015-09-01---ニュージーランドは、国旗の最終決勝戦進出者を公開。
2015-08-28---大会組織委員会は、五輪エンブレム原案初公表した。
2015-08-27---社会心理学実験の75%と、認識の研究の半分が、複製テストに失敗。
2015-08-10---ニュージーランドの新しい国旗で、議会は40の潜在的なデザインを出版。
2015-08-10---ジョン・オリバー、米国の性教育が非常に悪い理由。
2015-08-03---彼女は高校に行かないけれど、フリーパスで大学に行く!
2015-07-31---ブルームーンの定義。
2015-07-29---東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会エンブレムで著作権問題浮上!
2015-07-27---人工知能を持った殺人ロボットは、禁止されるべきである!
2015-07-24---東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会エンブレムを発表。
2015-07-16---科学者は、菜食主義者のためにベーコンのように味わう海草を発見した。
2015-07-07---米国は、日本の巨大なロボットに挑戦!
2015-07-05---ハンキー・パンキー高校は、4つのセックス・スキャンダル。
2015-06-29---バックパッカーが、貨物ランナーに変身!
2015-06-03---米国学生は、どのように無料のドイツで大学学位を得るか。
2015-05-23---ロバート・デニーロは、下品で軽率である。
2015-05-19---鉄魚があなたをより強くすることができる理由。
2015-04-27---サッカー日本代表のオフィシャルスーツ発売!
2015-01-09---最近、気になる日本経済新聞電子版のニュース-5「エスカレーターのマナー」
2014-09-26---ジンバブエ大学、大統領夫人に「不当博士号」を授与か?
2014-09-17---人工甘味料は、血糖値のスパイクを引き起こすかもしれない。
2014-06-29---雑誌「ネイチャー」のSTAP論文撤回。
2014-06-29---雑誌「ネイチャー」のSTAP論文撤回。
2014-06-27---ブラジルの「神聖な黄色・緑のジャージ」の話。
2014-06-16---小エビから、次世代のプラスチックを発明。
2014-03-06---レンタル写真時代終了〜!Gettyは3500万の写真を無料化!¥
2013-11-05---中国の紫禁城にある巨岩は、氷の上で輸送された。
2013-09-21---世界がもっとも注目するドイツのアンゲラ・メルケルをどこまで知っていますか?
2013-08-02---スイスは、国歌が古すぎるので、2014年に新しい国家競争を始める!
2013-06-04---日本で当たり前のサッカリンが、ステビアとして、もの凄い注目!
2013-02-28---ダライ・ラマの名誉博士号!
2012-12-05---マサチューセッツの新聞は、リポーターが出典情報を誤魔化した。
2012-11-22---南太平洋サンディー島は「存在しないと証明された。」
2012-09-13---ボブ・ディランは、19世紀詩人と日本人作家からの「盗作」を拒絶。
2012-08-30---ハーバード大学で、カンニング・スキャンダルが浮上!
2012-08-01---中国における外国教育のパラドックス。
2012-07-21---米国人男性の死亡記事に書かれた「最後のざんげ(The last confession)」
2012-07-04---米国の新聞で、偽の記名記事多数発見!
2012-06-29---ルーマニアの学者組織、首相の論文は大部分が盗作と結論。
2012-06-19---ルーマニアの新首相、博士論文で盗作非難!
2012-06-08---世界初!【長屋宏和】神経再生医療に挑戦します!
2012-05-06---ドイツのアンゲラ・メルケル、博士号問題と海賊党に両ビンタの試金石!
2012-04-01---盗作の博士号をはぎ取られた後、ハンガリー大統領辞職。
2012-03-29---ハンガリーの大統領、盗作で博士号を喪失!
2011-10-19---中国人科学者は、米国の会社から極秘情報を盗んだ!
2011-09-20---ドイツの自由民主党「FDP」は、首都ベルリンで存在意義が消えた!
2011-07-31---米国の最新の偽IDはもの凄く良くできている!
2011-07-14---ドイツの政治家、さらに博士号剥奪!
2011-06-15---ハイデルベルグ大学は、Koch-Mehrinの盗作を有罪と判断!
2011-05-17---オンライン盗作ハンターは博士号詐欺を追跡!ドンドン暴露!
2011-05-12---博士論文盗作で、2番目のドイツ政治家も辞任!
2011-04-13---名門ハイデルベルグ大学哲学科の博士論文で盗作浮上!
2011-03-01---ドイツの国防相グッテンベルグは博士論文盗作で辞職!
2011-02-21---ドイツの国防大臣が書いた博士論文は、バーゲン製品だった!
2011-02-17---ドイツの大臣は博士論文の盗作を否定。
2010-12-31---2016年リオデジャネイロ五輪のロゴマークに、盗作疑惑。
2010-11-16---ジョージ・ブッシュの「盗作」。
2010-06-14---白米は、糖尿病の発症リスクを高めると警告。
2010-04-19---5月1日に開幕する上海万博PRソングは盗作?使用中止!
2010-04-07---ジャーナリズム・コンピュータ・サイエンスの学位が登場した。
2010-02-15---NYタイムズの経済記者は、他の新聞から情報を許可無しで盗んだか?
2010-02-14---盗作で訴えられた若い作家の作品は、ベストセラー・リストを上昇中!
2009-12-15---Microsoft、盗用でMSN中国のJuku無期限停止。
2009-11-20---盗作で、新聞「Hartford Courant」を起訴!
2009-09-14---ラスカー基礎医学賞を京都大学の山中伸弥教授に贈ると発表した。
2009-08-31---韓国漫画家協会と若手作家会、著作権侵害で団体訴訟を起こした。
2009-07-26---「ドキュメンタリーはねつ造」「芸能は盗作」「ドラマはマクチャン」
2009-07-10---「第61回さっぽろ雪まつり」の宣伝用ポスターの決定取り消し及び再選定。
2009-05-19---NYTのスター・コラムニストがブログから盗作!
2008-03-08---若いカトリック聖職者は、盗作で起訴することができる。
1994-08-02---ビートたけしが、バイク事故で重傷。