2018-08-02

食肉をペットボトルでつくる世界!?

食品

森林破壊の原因の70%を占めるなど、環境に大きな負荷をかけている現在の食料生産。いままで通りの生産を続けることは、このままでは不可能だといわれている。
そこでForbes JAPANは2018年2018年08月02日に、新たな希望として注目される「人工肉」について報告した。

世界でもまだ参入企業が多くない中、東アジアで唯一、人工肉の培養に取り組むのが「インテグリカルチャー(Integriculture)」。

2018年4月にリアルテックファンド(Real Tech Fund)や北野宏明(ソニーコンピューターサイエンス研究所代表取締役社長)から出資を受けたシードベンチャーで、「カルネットシステム(還流共培養方式での大規模汎用細胞培養システム)」が人工肉の生産コストを大幅に低下させる技術として注目されている。

世界初の研究所で幹細胞から育てられたバーガーは2013年08月05日に、ロンドンで食べられた。

2016-09-07---世界初の顔面移植患者が死去した。
2015-05-15---電子の皮膚はあなたの体をコンピュータにする。
2015-03-27---移植外科医は、死の後の心臓を復活させ、移植した。
2014-11-08---精巣、「最も別個のヒト組織。」
2014-10-21---世界で始めて脊椎損傷で麻痺した人は、細胞移植の後に再び歩き出した。
2014-10-10---あなたは本当に、ヤギと人間を区別することができるか?
2014-08-24---全体の器官が、世界ではじめてゼロから育てられた。
2014-04-11---医者は研究所で育てられた膣を4人の女性に移植。
2013-12-10---これは、あなたの未来です。
2013-11-19---成長と料理用のセロリ・ルーツ(根用セロリ/celery root)。
2013-10-11---人工臓器を統合した「超人(Bionic man)」は、歩く。
2013-09-28---中国の医者は人の額に新しい鼻を構築。
2013-09-10---中国の少年はえぐり出された目の後に、人工目が移植された。
2013-08-19---マンモスを再生することは、科学的にほとんど不可能!
2013-08-16---中国は,死刑囚から、臓器を取り出すことを段階的に止める。
2013-08-15---凍結ボディは、死者から戻ることができるか?
2013-08-05---世界初の研究所で幹細胞から育てられたバーガーは、ロンドンで食べられた。
2013-07-31---人工の耳は研究室で育てられた。
2013-07-05---ブレット・ボルトン博士の毛髪移植によるはげ克服!
2013-06-26---脊椎損傷のネズミで、神経細胞は「再成長した。」
2013-06-15---ロシアの大富豪は、心を機械化したい。
2013-05-03---2歳女児、自身の幹細胞で作った人工気管を移植。
2013-03-09---研究者は、ゴムの細胞から歯を育てる。
2012-11-27---世界初の顔面移植をした後の生活。
2012-10-12---少女を救うときに鼻を失った犬が、カリフォルニアに着いた。
2012-06-08---世界初!【長屋宏和】神経再生医療に挑戦します!
2012-03-07---あなたは、新しいハイテクで人体を構築できるか?
2012-02-06---移植用のあごが、初めて3Dプリンタで作られた。
2011-05-09---米国初の顔全面移植の男性、新しい顔で会見。
2011-03-08---世界初、細胞組織によって設計された尿道開発に成功。
2011-01-18---近畿大のマンモス復活計画が始動。
2009-09-22---20年後には、不老不死の技術が完成する!?
2009-08-07---内蒙古で、アカシカのクローン技術試験に成功。
1978-07-25---世界最初の試験管ベビーが生まれた。