on-the-time.jp

2018年09月30日

古代ギリシャ存続のため、マケドニア議会、国名変更の国民投票。

政治経済

日本経済新聞 電子版は2018年07月31日に、東欧バルカン半島、マケドニア(Macedonia)の議会は2018年07月30日に、国名変更とEU(European Union/欧州連合)、NATO(North Atlantic Treaty Organization/北大西洋条約機構)加盟の賛否を問う国民投票を2018年09月30日に実施すると決めた。

マケドニアを認めると、ギリシャが、マケドニアの一部になってしまう。

プライドのギリシャが、危うい!

【広告】 あるお客様から、50歳を過ぎたころから、首から胸にかけて、疣のような小さなぶつぶつができて、何となく気になっていたのですが、「gaYa-3」を塗ったら、数日で皮膚が柔らかくなって、つるつるになり、ぶつぶつがなくなり、シワも消えたとご連絡をいただきました。ありがとうございます。

国名問題を巡って対立してきたギリシャとの合意に基づく措置で、マケドニアのゾラン・ザエフ首相(Prime Minister Zoran Zaev,)政権は国民投票での賛成を勝ち取ったうえで、年内の憲法改正実現を目指す。

国民投票での質問は「ギリシャとの合意を受け入れることで、EUとNATO加盟に賛成するか」というもの。ギリシャと合意した新国名「北マケドニア共和国」は明記していない。

120議席の議会で連立与党の68人が賛成票を投じた。合意に反対する右派の野党は質問が世論を「操ろうとしている」として採決に参加しなかった。

マケドニア地域はアレキサンダー大王(Alexander the Great)を生んだ古代マケドニア王国(Kingdom of ancient Macedonia)に由来し、ギリシャ北部の広範な地域も含む。

マケドニアは1991年に旧ユーゴスラビアから独立したが、国名が領土的野心を示すとして反発するギリシャが変更を求め、EUやNATOへの加盟を阻んできた。バルカン地域でのロシアや中国の影響力拡大を懸念するEUや米国が対立解消を働き掛けてきた。

アンフィポリ(Amfipoli)のGoogle Earthポインター情報
40°49'27.8"N 23°50'45.6"E
または、
40.824397, 23.845992

メソラッキア(Mesolakkia)のGoogle Earthポインター情報
40°49'57.1"N 23°56'04.1"E
または、
40.832539, 23.934478

2014-10-12---ギリシャの古代の墓で、未発掘であった大きなモザイクを発見。
2014-09-22---アレグサンダー大王のギリシャの墓を発見か!?
2014-04-11---ギリシャは,ほとんど無料の温泉「天国」。
2013-01-07---ギリシャの長命の島。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

この記事に関連する日付

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

gaYa広告