2018-07-25

パイロット不足!オーストラリア国内線で運航中止増加!

観光ロジスティック

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年07月25日に、オーストラリアで2017年に運航中止となった国内便数が、1万808件と全便の1.9%を占め、長期平均の1.4%から増加していることが、BITRE(Bureau of Infrastructure, Transport and Regional Economics/インフラ・運輸・地域経済局)の調べで分かったと報告した。

オーストラリアのような大きな国で、国内線で運航中止は困るだろう。

日本のような大量輸送を可能にする高速列車もない。

天候などの要因のほか、パイロット不足が問題となっている。
中東や中国でパイロット需要が拡大しており、高給を求めるオーストラリア人パイロットが海外へ流出しているという。公共放送ABCが、地方便でのパイロット不足が深刻担っていると、伝えた。

航空大手カンタス航空(Qantas)傘下の地方航空最大手REX(Regional Express/リージョナル・エクスプレス)は、パイロット不足で今後、複数の路線を廃止する可能性があるとしている。

北部準州の地方航空チャートエアー(Chartair)は、パイロットとして必要な最低条件を満たす人材が不足しており、地方路線の1つで廃止を決めた。WA(Western Australia/西オーストラリア)州の航空学校では、パイロット不足は将来の教官不足を意味していると懸念している。

カンタスは、2015年までの7年間に新規パイロット採用を控えていたが、将来の不足が予想されることから16年から採用を再開し、これまで600人を新規採用した。年内には新たに350人を追加採用する。

2018-05-10---商船三井、初の自営大学をフィリピンで8月開校。
2017-10-25---セブ航空、US$2500万の予算で比人パイロット養成。
2016-08-10---イギリスではスパイ不足。米国では戦闘機パイロット不足!
2013-11-19---ドバイ航空ショー。欲しいのは新しい飛行機と優秀なパイロット!