2018-07-25

台湾のHTC、インドのスマホ市場からほぼ撤退。

経済

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年07月25日に、台湾で、唯一の国営通信社である「中央通訊社(Central News Agency/中央通信社)」は、インドのネットメディアの報道を引用して、スマートフォン台湾大手HTC(宏達国際電子)がインドのスマートフォン市場からほぼ撤退していることが分かったと伝えたと報告した。

香港の市場調査会社カウンターポイント・リサーチ(Counterpoint Research)によると、インドのスマートフォン市場におけるHTCのシェアは、2018年03月末時点でほぼゼロになっているという。

競争の激しいインド市場で、積極的なマーケティングを行ってこなかったため、店舗販売が落ち込み、インド市場からの事実上の撤退につながったとみられる。

米国のIT市場調査会社IDC(International Data Corporationインターナショナル・データ・コーポレーション)のジャヤパーラ・シンは、「インドの地方では店舗販売が重要で、多くの企業が地元の小売業者と提携し、店舗販売を強化しているが、HTCは店舗販売で大きな成功を収められなかった」と分析した。

HTCは、「適切な時期にインドへの投資を行いたい。スマートフォン以外の仮想現実(VR)や拡張現実(AR)、人工知能(AI)の分野では引き続きインド市場にとどまる。」とのステートメントを発表したと伝えている。

2018-07-06---HTCは、新社屋を作ってから、減益中!
2018-01-24---台湾のHTC、中国深圳市に初のVR旗艦店。
2013-09-04---HTCは急激な収入衰退を明らかにした。
2013-07-08---台湾のHTC株式7%ダウン、利益は半年でさらに急落。
2012-10-09---スマートフォン競争が激しくなり、HTC利益は、79%下落。
2012-07-06---台湾のHTCのスマートフォン利益、58%減った!
2012-06-24---台湾のHTC、ブラジル市場から撤退!
2012-06-13---HTC、台北の新しい本社をオープン!
2012-04-06---台湾のHTC、2012年第1四半期の利益3分の1まで急落!
2012-01-10---HTC、最初のLTEネットワーク用Windows Phoneを発表!
2011-12-20---台湾のHTCが、アップルの特許訴訟で負けた!
2011-11-22---アップルは、HTCの特許を破っていなかった!
2011-11-17---ポルノ会社、HTCに「Vivid Smartphone」の名称変更を要請!
2011-10-31---台湾のHTCは、2011年第3四半期にスマートフォン販売でほぼ倍増。
2011-10-18---アップルは、HTC特許を侵害しなかったと、米国裁判官が判断!
2011-09-28---米国のITCは、HTCの特許を侵害という訴えを調査。
2011-09-14---HTCは、オーディオ技術を備えた最初のスマートフォンを発表。
2011-09-13---ヨーロッパのAndroidスマートフォン、トップ・サプライヤーはHTC。
2011-09-12---HTCはスマートフォンOS購入を考慮。
2011-09-02---台湾のHTCは、2種類のマイクロソフトOSベースのスマートフォンを発表。
2011-08-08---台湾のHTCが、米国のクラウド開発者を買収。
2011-04-10---HTCの利益は高騰し、株式市場の資本化でノキアを抜いた!
2011-04-04---台湾のHTCは特許ポートフォリオを購入。
2011-01-21---HTC、四半期にの利益で160%ジャンプ!
2010-12-10---HTCは2011年にスマートフォンの販売を3倍にすることを期待!
2010-09-05---台湾のHTCは、iPhoneの静かな挑戦者になり始めた。
2010-08-19---台湾のHTCはインドのスマートフォン市場拡大計画を開始!
2010-07-26---HTC、将来のスマートフォン向け「Super LCDs」を準備!