2018-07-25

トランプの車関税に、各業界が警告!米国民に大きな代償を要求!?

Forbes JAPANは2018年07月25日に、米国のドナルド・トランプ大統領(Donald Trump President)は、輸入される自動車や自動車部品に25%の関税を課すことを検討中で、導入されれば米国で販売されるほぼ全ての新車の価格が上昇する見通しになったと報告した。

だが米国の自動車保険業界は、それ以上の影響も出ると主張している。

輸入部品の価格が高騰することで、乗用車やトラックの修理代が上がるだけではなく、自動車の盗難も急増するとみられている。

とくに古い自動車は盗難に遭い、ウォーターポンプやオルタネーター、エンジンブロックなどの交換部品に解体され、ウェブサイトで販売されたり、違法な部品取扱業者に売られたりすることが多い。

トランプ大統領のスタッフは金持ちで、実際のアメリカを知らなうようだ!

消費者へのしわ寄せはそれだけではない。自動車部品の高騰と盗難の増加により、自動車保険料が上がることも予測されている。AIA(American Insurance Association/米国保険協会)、NAMIC(National Association of Mutual Insurance Companies/全米相互保険会社協会)、PCI(Property Casualty Insurers Association of America/米国損害保険協会)は、米国商務省に向けた共同ステートメントで「関税が課されれば、米国全土50州で、保険会社から保険規制機関に数百件、あるいは数千件の保険料引き上げ要請が提出される可能性が高い」と指摘した。

とくにアメリカは、金持ちがえらいという国、何かが起これば便乗値上げの嵐が起こり、さらに自動車部品の製造・販売・小売企業を代表するオートケア協会(Autocare Association)は、関税が適用された場合、米国の家庭で車を所有するコストは年間US$700(約7万8000円)以上増えると主張する。

車がないと、どうにもならないアメリカで、米国の家庭で車を所有する消費者を敵に回すことになり、次期大統領選にも影響する。

また、部品の値段が上がることで車の所有者が必要な修理を先延ばしにし、自動車の燃費に影響が出る可能性もある。そうなれば消費者の家計を直撃し、排ガス関連の修理の場合は環境にも悪影響する。

修理を怠ることで、運転手や乗客、通行人にも危害が及ぶ可能性があるとする声もある。ミシュラン・ノース・アメリカ(Michelin North America)、クーパー・タイヤ・アンド・ラバー(Cooper Tire and Rubber)、住友ゴム工業(Sumitomo Rubber Industries)のタイヤメーカー3社は、米国商務省への共同書簡で「消費者がタイヤの交換時期を延ばすことで、交通事故と死亡者数が増えるのではないかと危惧している」と述べた。

これに加え、車の値段自体も上がることで、新車の売り上げが減少し、中古車販売が増える。金利と新車の値段はただでさえ上がっており、自動車の価格問題はすでに危機的状態にある。

25%の関税が導入されればおそらく、自動車業界は崖から突き落とされるだろう。

米国で製造される車の部品には、輸入品が25〜80%含まれている。

CAR(Automobile Research Center/自動車研究センター)による分析では、自動車と自動車部品に対する関税や輸入制限によって、米国での自動車製造コストは約US$2270(約25万円)上昇し、典型的な輸入車の店頭表示価格はUS$6875(約77万円)増加するとされた。

CARによると、これにより米国での新車の販売台数は200万台減少し、約75万件近くの雇用が失われる。しかしこれは、ピーターソン国際経済研究所(Peterson International Institute for Economic Research)が出した報告書に比べれば、控えめな見積もりで、ピーターソン国際経済研究所は、関税が課されれば、自動車ビジネスに関わる米国労働者が最大100〜120万人失業すると予測している。

もう、脅迫である!

トタンプ政権は、この袋叩きで生き残れるのか?

このままいくと、トタンプ政権に明日はない!

トヨタ、Nissanに全米が味方している!
これが解決したら、バーゲン感謝祭が必要だろう
Thans give you day!