on-the-time.jp

2018-07-18

北九州市の特定危険指定暴力団「工藤会」上納金脱税裁判。

犯罪と裁判

毎日新聞2018年07月19日に、北九州市の特定危険指定暴力団「工藤会」の上納金を巡って3億2067万円を脱税したとして、所得税法違反で懲役3年、罰金8000万円の判決を2018年07月18日に福岡地裁で言い渡されたと報告した。

[AD] You can advertise on this site.

「工藤会」のトップで総裁で、71歳の野村悟被告側は2018年07月19日に、判決を不服として福岡高裁に控訴した。

同法違反で懲役2年6月とされた工藤会の「金庫番」で「工藤会」の幹部で、67歳の山中政吉被告は2018年07月18日付で控訴している。

これは、アメリカの禁酒法時代アル・カポネが収監されたのに似ている。

アル・カポネは収監され、外の世界と断絶し、獄中で死亡している。殺されたという噂もある。

もし、71歳の野村悟被告と67歳の山中政吉被告が収監されると、北九州市の暴力団勢力図にも影響することだろう。

北九州市といえば、韓国の入り口であり、最近は金の取引が話題人ぼっているが、以前は麻薬でも有名であった。

私の知人の奥さんのお兄さんは、殺されたと聞いている。

[AD] You can advertise on this site.

[AD] You can advertise on this site.