2018-07-12

カンボジア証券取引所、中小企業にファンド活用を呼掛け!

経済

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年07月13日に、カンボジアの新聞「プノンペン・ポスト(The Phnom Penh Post)」は2018年07月12日に、CSX(Cambodia Stock Exchange/カンボジア証券取引所)の最高経営責任者(CEO)ホン・ソクホー(H.E. Honh Sok Hour)は、カンボジアの中小企業に対し、早期成長と将来の上場のため、PEF(Private Equity Fund/プライベート・エクイティ・ファンド)の活用を促したと伝えたと報告した。

[AD] You can advertise on this site.

ホン・ソクホーCEOは「PEFからの資金調達」と題されたセミナーで、「PEFは資金を供与するだけでなく、技術的支援や効率的な経営管理のアドバイスも行う専門家集団だ」と指摘した。セミナーには、100人を超える起業家が参加した。

講演者の1人、PEF「(Mekong Strategic Partners/メコン・ストラテジック・パートナーズ)」のケム・ボラ(Bora Kem)は「多くのPEFが中小企業向けの投資資金を拡大しており、国内のPEF市場はここ数年、大きく成長している。」と述べた。ケム・ボラによると、5大ファンドが保有する中小企業向けの投資資金はUS$3億(約337億円)に達している。

[AD] You can advertise on this site.

[AD] You can advertise on this site.

AD SPACE