2018年07月11日

アップル、公正取引委員会の指摘で、iPhone料金プラン契約見直し!

犯罪と裁判

日本経済新聞 電子版は2018年07月11日に、アップルがiPhoneの販売で国内の携帯電話大手3社と結んでいる契約を巡り、契約内容が各社の自由な料金プランの設定を妨げているとして、公正取引委員会が独占禁止法違反(不公正な取引方法)に当たる恐れがあると指摘していたことが2018年07月11日に、分かったと報告した。

関係者によると、アップルは指摘を受けて自主的に契約を見直す方針を固め、公正取引委員会に通知した。

公正取引委員会は、これらの内容を検討したところ,上記の疑いが解消されるものと認められたこと等から,アップルの審査を終了したと伝えている。

【広告】 研究を行ったイギリスのチームによると、眉の可動性が非常に高いことは、言葉を使わない意思疎通能力を人間にもたらしたとされる。 この能力は大規模な社会的ネットワークの構築に不可欠であり、こうした社会を築くことで、人間は協力関係を拡大し、生存確率を高めることができたのだという。 「眉の動きが制限されるボトックス(botox/しわ取り注射)療法を受けた人は、感情を強調したり、他者の感情に共感したりする能力が低下するということが示されている。」と説明した。 そういえば。最近多くの女優や歌手がボトックス療法を受け、顔が固まったようになっている。 しわは石鹸などで洗いすぎ、皮下脂肪を流し落としたことで深くなる。 毎日、石鹸で顔を洗う人は、しわが深くなる。 顔を石鹸ではなく、例えば「gaYa-3」で汚れを浮かして洗い落とせば、しわはそれほど増えない。 顔の表現で、感情を強調したり、他者の感情に共感したりする能力が低下すると女優としての能力が低下し、成り立たなくなる。

公正取引委員会から指摘を受けたのはNTTドコモ、ソフトバンク、KDDI(au)の3社とそれぞれ結んでいる契約のうち、iPhoneを販売する際、仕入れ価格から一定の金額を値引くよう求めた条項である。

公正取引委員会はこの条項のため大手3社が自由に料金プランを設定できていないと判断した。

独占禁止法では、こうした取引相手のビジネス手法を不当に縛る契約を結ぶ行為を「不公正な取引方法」として禁じている。

問題とされた条項は、端末代金の初期負担を抑えられるため、高額なiPhoneを入手したい消費者にとっては恩恵であった。

それは同時に、日本でiPhoneが突出したシェアを誇る大きな要因ともなっていた。

さらに、その一方で、1つの端末を長期間利用する場合など、利用者の多様なニーズに応えた料金プランの設定を阻んでいるとの指摘もあった。

アップルの日本法人Apple Japanは、公正取引委員会の指摘などについて「コメントしない」としている。

このような契約は、iPhoneが発売される以前から、アップルが提供するiPhone以外の販売では、同様の契約は結んでいなかったのだろうか?

往往にして、このような契約は継続される可能性が多い。

近年は、格安スマートフォンを展開するMVNO(Mobile Virtual Network Operator/仮想移動体通信事業者)の市場参入や中古端末の流通拡大などを通じ、消費者のスマホの買い方も多様化。携帯大手も柔軟な販売戦略を採るようになってきている。

そこで、公正取引委員会はNTTドコモ、ソフトバンク、KDDI(au)の3社が、
1. Apple Japan に注文する iPhone の数量
2. iPhone の利用者に提供する電気通信役務の料金プラン
3. iPhone の利用者から下取りした iPhone
4. iPhone を購入する利用者に提供する端末購入補助
について、NTTドコモ、ソフトバンク、KDDI(au)の3社の事業活動を制限している疑いがあったことから、アップルに対し、2016年10月以降,独占禁止法の規定に基づいて審査を行ってきた。

その過程において,アップルから契約の一部を改定するとの申出があったため,公正取引委員会は、これらの内容を検討したところ,上記の疑いが解消されるものと認められたこと等から,アップルの審査を終了したと伝えている。

つまり、審査はあくまでもiPhoneに限られるもので、アップルが提供するiPhone以外の販売は対象になっていない。

公正取引委員会は2016年08月に公表したスマートフォン販売に関する調査報告書のなかで端末代金を通信料から割り引くセット販売の是正を求め、より柔軟に価格設定をできるようにすべきだとしていた。

2018年06月に公表した新たな報告書でも2年ごとの端末の買い替えを促す「4年しばり」と呼ばれる契約などは「消費者の契約変更を断念させることで選択肢を事実上奪う」として「私的独占」や「取引妨害」など独占禁止法が禁じる行為にあたる可能性があるとしていた。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 先日、オイルの全身パックをはじめて聞いたという方にお会いしました。実は、エジプトのファラオを埋葬するとき、バチカンで聖人を埋葬するときは、全身をオイルで清めます。また、ダビデ王が、はじめて宗教の王として任命されたときもオイルで清めています。それは、水では落とせない汚れを浮き出させて、きれいにしてから神になったのです。