gaYa広告

2018年07月11日

アップル「極秘」自動運転技術、あわや中国の手に!

犯罪と裁判

日本経済新聞 電子版は2018年07月11日に、FBI(Federal Bureau of Investigation/米国連邦捜査局)は2018年07月11日に、米国のアップル(Apple)の自動運転技術にかかわる機密情報を盗んだとして、元社員のシャオラン・チャン(Xiaolang Zhang)を裁判所に訴追したと報告した。

【広告】 研究を行ったイギリスのチームによると、眉の可動性が非常に高いことは、言葉を使わない意思疎通能力を人間にもたらしたとされる。 この能力は大規模な社会的ネットワークの構築に不可欠であり、こうした社会を築くことで、人間は協力関係を拡大し、生存確率を高めることができたのだという。 「眉の動きが制限されるボトックス(botox/しわ取り注射)療法を受けた人は、感情を強調したり、他者の感情に共感したりする能力が低下するということが示されている。」と説明した。 そういえば。最近多くの女優や歌手がボトックス療法を受け、顔が固まったようになっている。 しわは石鹸などで洗いすぎ、皮下脂肪を流し落としたことで深くなる。 毎日、石鹸で顔を洗う人は、しわが深くなる。 顔を石鹸ではなく、例えば「gaYa-3」で汚れを浮かして洗い落とせば、しわはそれほど増えない。 顔の表現で、感情を強調したり、他者の感情に共感したりする能力が低下すると女優としての能力が低下し、成り立たなくなる。

シャオラン・チャンは2015年からアップルで働いており、2018年04月に離職を申し出る前に大量のデータをダウンロードして持ち出していたことが発覚した。

シャオラン・チャンはFBIの調査に対し、窃盗について認めているという。

アップルは大々的に公表していないが、他のIT(情報技術)大手と同様に自動運転システムの開発を進めている。

FBIがカリフォルニア州の裁判所に提出した資料によると、約5000人が自動運転技術にかかわっている。ソフトウエアとハードウエアの開発に従事していたシャオラン・チャンは機密情報を含むデータベースへのアクセス権を持つ約2700人のうちの一人だった。

シャオラン・チャンの通信量が異常に多いことなどから、データの持ち出しが発覚し、シリコンバレーの玄関口であるサンノゼ国際空港(Norman Y. Mineta San José International Airport)で、北京経由で杭州に向かうはずのシャオラン・チャンを逮捕した。

これは米国法でいう「トレードシークレット(営業秘密)」の窃取罪にあたる。

シャオラン・チャンは4月に休暇を取得した直後に、母親の体調がすぐれないことなどを理由に挙げてアップルを辞めて、中国に戻る意思を示していた。

怪しんだアップルが追及したところ、シャオラン・チャンは。中国広州に本社を構える「Xモーターズ(Xiaopeng Motors)」という電気自動車(EV)と自動運転のベンチャーで働く意向であることが判明した。アップルは即座にシャオラン・チャンにパソコンやスマートフォン(スマホ)などの備品返却を求め企業情報へのアクセスもできないようにした。

しかし、すでに、シャオラン・チャンは、中国広州に本社を構える「Xモーターズ(Xiaopeng Motors)」という電気自動車(EV)と自動運転のベンチャーで働く意向であることが判明しているので、多くの情報は流出していることだろう。

【広告】 研究を行ったイギリスのチームによると、眉の可動性が非常に高いことは、言葉を使わない意思疎通能力を人間にもたらしたとされる。 この能力は大規模な社会的ネットワークの構築に不可欠であり、こうした社会を築くことで、人間は協力関係を拡大し、生存確率を高めることができたのだという。 「眉の動きが制限されるボトックス(botox/しわ取り注射)療法を受けた人は、感情を強調したり、他者の感情に共感したりする能力が低下するということが示されている。」と説明した。 そういえば。最近多くの女優や歌手がボトックス療法を受け、顔が固まったようになっている。 しわは石鹸などで洗いすぎ、皮下脂肪を流し落としたことで深くなる。 毎日、石鹸で顔を洗う人は、しわが深くなる。 顔を石鹸ではなく、例えば「gaYa-3」で汚れを浮かして洗い落とせば、しわはそれほど増えない。 顔の表現で、感情を強調したり、他者の感情に共感したりする能力が低下すると女優としての能力が低下し、成り立たなくなる。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。