on-the-time.jp

2018年07月05日

フィリピンの投資委員会、外国直接投資の認可で01〜05月は29%増。

経済

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年07月09日に、フィリピンの貿易産業省(Department of Trade and Industry)は2018年07月05日に、BOI(Board of Investment/投資委員会)による2018年01〜05月の投資認可額が前年同期比19%増の2,074億8,000万ペソ(約4,300億円)だったと発表した。

FDI(Foreign Direct Investment/外国直接投資)は29%増加した。

【広告】 あるお客様から、50歳を過ぎたころから、首から胸にかけて、疣のような小さなぶつぶつができて、何となく気になっていたのですが、「gaYa-3」を塗ったら、数日で皮膚が柔らかくなって、つるつるになり、ぶつぶつがなくなり、シワも消えたとご連絡をいただきました。ありがとうございます。

自動車の国内生産を後押しする政府の「CARS(Comprehensive Automotive Resurgence Strategy Program/包括的自動車産業振興戦略)」プログラムに参加する、トヨタ自動車の現地法人TMP(Toyota Motor Philippines/トヨタ・モーター・フィリピン/フィリピントヨタ自動車)を中心に日本からの投資が大幅に伸びた。

BOIが同期に認めたFDIは70億ペソで、19%増の2,005億4,700万ペソである国内企業の伸び率で上回った。

国・地域別では、日本が20倍の26億5,000万ペソと最大で、イタリアは4億8,500万ペソ、中国本土は4億7,200万ペソ、米国の4億6,300万ペソ、香港の2億700万ペソと続いた。

セフェリノ・ ロドルフォ(Ceferino Rodolfo)貿易産業次官は「BOIは現在、国内投資家の戦略産業向け投資への優遇に注力しつつあるものの、国内市場向け産業でFDIが顕著に伸びている」と指摘した。輸出企業への優遇措置を見直す、TRAIN(Tax Reform for Acceleration and Inclusion/優遇税制改革法)第2弾の法案を支持する姿勢を示した。

国内企業を含む1〜5月の投資認可額の分野別の内訳は、発電・エネルギーが1,065億5,200万ペソで最大。運輸・倉庫が398億1,700万ペソ、製造が193億5,800万ペソ、不動産が145億3,500万ペソ、水道が138億7,200万ペソと続いた。

【広告】 芦屋の奥様から、首筋に赤い斑点が出てきて、何をしても消えませんでした。銀座三越のロングハウスで「gaYa-3」を見て、事情を話したら、25mlの「gaYa-3」を見本でいただき、自宅で使ってみたら、首筋の赤い斑点が消えてしまいましたと連絡がありました。1543年にドイツで発行されたLeonhart FuchsのNew Kreüterbuchという薬草学の本には、肌に良い薬草が多く登場しています。それを読んで、「gaYa-3」は植物油をブレンドしています。よかったですね!お役の立てて良かったです。ありがとうございます。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

gaYa広告