gaYa広告

2018年07月05日

フィリピンの投資委員会、外国直接投資の認可で01〜05月は29%増。

経済

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年07月09日に、フィリピンの貿易産業省(Department of Trade and Industry)は2018年07月05日に、BOI(Board of Investment/投資委員会)による2018年01〜05月の投資認可額が前年同期比19%増の2,074億8,000万ペソ(約4,300億円)だったと発表した。

FDI(Foreign Direct Investment/外国直接投資)は29%増加した。

【広告】 シャワーのときに、石けんで洗う必要がない。チェビー・チェイスの女性のための消化剤センターの創立者ロビーネ・チュツカン医学博士は、毎日シャワーと石けんで汚れをこすり落とすことによって、私達は、良いバクテリアを皮膚からはいでいるといっている。汗まみれの運動の後でさえ、「gaYa-3」でオイル・パックをして、洗い流すことによって、水では落ちない泥や垢などの汚れを清潔にできます。

自動車の国内生産を後押しする政府の「CARS(Comprehensive Automotive Resurgence Strategy Program/包括的自動車産業振興戦略)」プログラムに参加する、トヨタ自動車の現地法人TMP(Toyota Motor Philippines/トヨタ・モーター・フィリピン/フィリピントヨタ自動車)を中心に日本からの投資が大幅に伸びた。

BOIが同期に認めたFDIは70億ペソで、19%増の2,005億4,700万ペソである国内企業の伸び率で上回った。

国・地域別では、日本が20倍の26億5,000万ペソと最大で、イタリアは4億8,500万ペソ、中国本土は4億7,200万ペソ、米国の4億6,300万ペソ、香港の2億700万ペソと続いた。

セフェリノ・ ロドルフォ(Ceferino Rodolfo)貿易産業次官は「BOIは現在、国内投資家の戦略産業向け投資への優遇に注力しつつあるものの、国内市場向け産業でFDIが顕著に伸びている」と指摘した。輸出企業への優遇措置を見直す、TRAIN(Tax Reform for Acceleration and Inclusion/優遇税制改革法)第2弾の法案を支持する姿勢を示した。

国内企業を含む1〜5月の投資認可額の分野別の内訳は、発電・エネルギーが1,065億5,200万ペソで最大。運輸・倉庫が398億1,700万ペソ、製造が193億5,800万ペソ、不動産が145億3,500万ペソ、水道が138億7,200万ペソと続いた。

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。

【広告】 60歳代のダンス・インストラクターの方から、顔から首、胸へ毎日「gaYa-3」を使ってます。こんな凄いオイルははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。いつもお体を気にされている方からのご意見に感激いたします。