on-the-time.jp

2018-06-21

カンボジアの国道4号線の改修、世界銀行が120億円追加融資。

ロジスティクス

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年06月26日に、世界銀行(World Bank)は2018年06月21日に、カンボジアの首都プノンペン(Phnom Penh)と南部シアヌークビル(Sihanoukville)州を結ぶ国道4号線の改修工事を支援すると発表した。「RAMP2(Second Road Asset Management Project/Road Asset Management Project II/第2期道路資産管理プロジェクト)」で、US$1億1,000万(約120億円)の追加支援を決定した。

[AD] You can advertise on this site.

改修事業では、再舗装や路肩の整備、洪水が発生しやすい区間での排水路や橋りょうの設置などを実施する。

資金は世銀グループのIDA(国際開発協会)が8年半にわたって無利子で提供する予定。返済期間は38年で、6年間の支払猶予期間を設定した。

世銀は今回の融資について、「4号線の改修は民間企業の成長などに大きく貢献し、経済発展の好機になる」と指摘した。公共事業・運輸省の高官は「カンボジア経済の成長を支える4号線の改修が実現すれば、輸送コストや配送時間の短縮が可能となり、国際競争力が高まる」と述べた。

2018-06-21---中国の家具メーカー、プノンペン郊外で卸売市場を開業。
2018-06-14---カンボジア開発評議会、国内初の高速道計画など認可。

[AD] You can advertise on this site.

Related Dates

[AD] You can advertise on this site.

AD SPACE