on-the-time.jp

2018-06-21

シンガポールのECサイト、ラマダン中の取引急増。

経済宗教

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年06月22日に、インドネシアの 「ジャカルタ・ポスト(The Jakarta Post)」は2018年06月21日に、シンガポール系EC(E-Commerce/電子商取引)サイト「ショッピー(Shopee)」は、インドネシアでの取引件数がイスラム教断食月(ラマダン/رمضان/Ramadan)の間に激増し、1日150万件となったと報告した。

[AD] You can advertise on this site.

ショッピーは今年、ラマダン中の大型セールを再導入した。
このセールの効果で、1日の取引件数が、昨年の6倍に急増した。

インドネシアでは、断食明け大祭(レバラン/Lebaran)を祝うため服や食料、室内装飾品などの需要がラマダン中に増加すると言われている。

そこで、ラマダンで何がよく売れるか?を見て見た。

ラマダン(断食月)の特別セール「ウェルカム・ラマダン・ボーナス(Welcome Ramadhan bonus/Welcome Ramadan Rewards)」

2018-06-01---マレーシア、GST(消費税)が廃止!

[AD] You can advertise on this site.

Related Dates

[AD] You can advertise on this site.