gaYa広告

2018年06月21日

マレーシアの新政権政府、TRXビル建設事業の継続を決定!

経済

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年06月22日に、マレーシアの新聞「スター(Star)」(電子版)は、マレーシアのリム・グアンエン財務相(Malaysia Finance Minister Lim Guan Eng)は2018年06月21日に記者会見し、前政権がKL(Kuala Lumpur/クアラルンプール)市内中心部で推進していた国際金融区「TRX(Tun Razak Exchange/トゥン・ラザク・エクスチェンジ)」の建設を継続すると発表したと伝えた。

【広告】 50歳くらいの男性の話しを聞いて、私も足の角質で困っていたので早速、割安の100mlの「gaYa-3」を購入して使ってみました。角質はまるで石けん洗っても落ちない垢のようですね!それを「gaYa-3」が浮かせてくれる。2〜3回は、お風呂で軽石で少しコスったのですが、その後は手でマッサージするだけでボロボロ無駄な角質が取れました。今ではひじなどの角質にも使っていますと、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

リム財務相によると、建設を主導するTRXシティーには十分な資金がないため、完成にはさらに最大で28億リンギ(約771億円)の公金注入が必要である。ただし、工事を中止すると約35億リンギの違約金が発生することから継続を決めたという。

しかし、このような計画には追加予算が常識で、どこまで膨らむのか?わからない。

リム・グアンエン財務相は「首都の中心に巨大な廃虚が取り残されるよりはましだろう」とコメントした。

リム・グアンエン財務相は、TRXシティーの母体だった政府系投資会社ワン・マレーシア・デベロップメント(1MDB)はTRXの建設資金30億リンギを着服し、借入金の返済に充てていたと指摘した。マハティール内閣は、前政権下で着服された資金の埋め合わせや巨額の債務、これまでの投資や建設コストを取り戻すために、事業を継続すると説明した。ただし、完成したとしても、利幅はごくわずかになるという。

TRXの面積は28.3ヘクタールで、超高層ビル「エクスチェンジ106(Exchange 106)」など26棟のオフィスビルやホテル、商業施設などが設置される。

インドネシア系の不動産開発会社ムリア・プロパティー・デベロップメント(Mulia Property Development)や、金融大手HSBC、保険大手プルデンシャル(Prudential)、地場金融アフィン・バンク(Affin Bank)、巡礼基金(タブン・ハジ/Tabung Haji)などが入居する予定。商業スペースには、日本の「西武」ブランドの百貨店が出店するとされている。
ムリア・グループ(Mulia Group)の「エクスチェンジ106」とプルデンシャル・ビル(Prudential Malaysia Building)は来年早々にも完成見込みだ。

TRXシティーは1MDBの子会社だったが、2017年に財務省の傘下に移管された。

夢に見た都市、どですかでん!計画。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。